特集の最近のブログ記事

2017年6月 1日発行 第0327号

国鉄分割・民営化から30年―戦争と民営化に対決する新たな闘いへ― 国鉄1047名解雇撤回! 国鉄闘争全国運動6・11全国集会へ  6・11国鉄闘争全国運動の全国集会にむけて、動労千葉、港合同、関西地区生コン支部の3労組の論議を踏まえて、4月に呼びかけ人会議が開催されました。動労千葉の田中康宏委員長の提起と各呼びかけ人からの6・11集会にむけた訴えを掲載します。 ◎田中康宏(動労千葉委員長)  この間、動労千葉と動労総連合は、3・4ダイ改、常磐線の4・1延伸に対して統一ストライ
月刊『労働運動』34頁(0327号02/01)(2017/06/01)


特集 6・11国鉄闘争全国運動集会へ-呼びかけ人会議から

2017年5月 1日発行 第0326号

(写真 不当解雇から30年2・12国鉄集会)  国鉄分割・民営化から30年。日本労働組合運動は再び大きな岐路に立っています。安倍政権と新自由主義による戦争・総非正規雇用化・民営化の攻撃は社会を丸ごと崩壊させています。 トランプと安倍によって東アジア・朝鮮半島では戦争危機がかつてなく高まっています。しかし同時に階級情勢は転換しつつあります。今こそ戦争と民営化に反対する新たな闘いを開始するときです。 国鉄闘争全国運動の呼びかけにより6月11日、江戸川区総合区民センター大ホールで
月刊『労働運動』34頁(0326号02/01)(2017/05/01)


戦争と民営化を許さず、今こそ闘う労働組合を甦らせよう!
6・11国鉄闘争全国運動集会への大結集をよびかけます!

切の要求を拒否 ゼロ回答を許すな  CTSは、4月12日の2回目の新賃金交渉で、組合側の要求を一切無視し、ベアゼロ回答を行った。動労千葉は、団交終了後の18時から、CTS本社前での抗議行動を、CTS組合員を先頭に60名を超える組合員、支援が結集し、激しい怒りが叩きつけられた。 動労千葉は、職場でのアンケートなどを踏まえ、生活できる賃金として社員38000円の賃上げ、契約・パートは時給換算で1500円への引き上げ、さらに住宅手当の新設、契約・パートへの扶養手当の支払いなどを要
月刊『労働運動』34頁(0326号03/01)(2017/05/01)


※動労千葉
4・12CTS本社前抗議行動

(写真 3・31帰還強制反対都庁包囲デモ) 佐藤 賢一(自治体労働者)  福島からの「自主避難者」への住宅提供が打ち切られる3月31日、強行に反対して、動労東京、全国労組交流センター、NAZEN東京の呼びかけで都庁包囲デモを行いました。 ※帰還強制反対署名500筆を 福島県庁に提出  それに先立つ2月16日、私は組合で集めた帰還強制反対の署名500筆弱を福島診療所建設委員会の仲間と共に福島県庁復興課職員に提出しました。職員(組合員)に、「福島では20ミリシーベルトのところに
月刊『労働運動』34頁(0326号04/01)(2017/05/01)


3・31避難者の住宅を奪うな! 都庁包囲デモやりました!

小玉 忠憲(支援共闘呼びかけ人代表)  「避難指示解除・住宅追い出し許さない! 4・1常磐線浪江延伸阻止! 3・25動労水戸支援共闘結成2周年集会」に250人が結集し、大成功しました。 3・11から6年目、さらなるフクシマの怒りと固く団結し、東京・すみだリバーサイドホールで2周年集会が勝ち取られました。JR東日本は高放射能汚染地帯である常磐線・小高(南相馬市)―浪江(浪江町)の営業運転を4月1日から強行すると発表。10月には竜田―富岡延伸を計画し、2020年3月までに全線開
月刊『労働運動』34頁(0326号05/01)(2017/05/01)


3・25動労水戸支援共闘結成2周年集会に250人結集
避難指示解除・住宅追い出し許さない! 常磐線浪江延伸阻止!

石井 真一(動労水戸執行委員長)  安倍政権は、3月末で浪江、川俣、飯舘、富岡の4町村の居住制限と避難指示を解除し、JR東日本は4月1日、常磐線の小高(南相馬市)―浪江間の開通を強行した。 国は〝福島県民だけは年間20㍉シーベルトまで認める〟〝避難指示解除されたのだから帰れ〟と、住宅から追い出し、被曝と帰還を強制したのだ。原発事故で故郷を奪い、その責任を一切取らず再び原発推進に突進する政府が、〝オリンピックのために避難をやめて戻れ〟ということなど、どうして許せるだろうか! 
月刊『労働運動』34頁(0326号06/01)(2017/05/01)


※動労水戸
4・1動労水戸ストライキと浪江現地闘争を貫徹!

 3月19日、動労神奈川は環境アクセス小田原事業所で桑原豪臣副委員長が春闘ストライキに決起しました。この早朝ストライキは、3・19神奈川春闘総行動の先陣を切っての闘いです。動労神奈川は、ストライキを打ち抜いて意気揚々と午後の横浜での集会・デモに合流しました。 動労神奈川は動労総連合の春闘統一行動を、第一に、時廣慎一書記長解雇撤回・非正規職撤廃の要求をかかげ、大幅賃上げ、増員要求など春闘要求9項目をかかげて闘ってきました。いずれも職場の仲間の切実な要求です。しかしJRと環境ア
月刊『労働運動』34頁(0326号07/01)(2017/05/01)


※動労神奈川
小田原で春闘ストライキ貫徹

 3月30日、動労連帯高崎は当日勤務者全員がストライキに決起しました。「希望者全員を正社員に」「最低時給1500円以上」「人員不足の解消」「職場の安全を」の要求に対して、回答期日になってもJR高崎鉄道サービス(TTS)は「要求項目が多く、回答の準備ができない」と不誠実な対応。許せない! 労働者無視、労組無視には抗議の実力闘争あるのみです。 ●熊谷事業所で24時間スト開始  先陣を切ったのは木村洋一書記長。朝8時、熊谷駅改札内にあるTTS事業所で、現場と本社組の職制計4人を前
月刊『労働運動』34頁(0326号08/01)(2017/05/01)


※動労連帯高崎
動労連帯高崎全員で3・30スト貫徹

星野 勝紀(銀座郵便局・JP労組組合員)  関西に続いて東京でもついに、「18年問題」を見据えて、「5年ルール」を悪用した無期転換攻撃に対して4月3日、東京都労働委員会に申立書を提出し、労働委員会闘争を開始した。 日本郵政は「5年ルール」の1年半前倒しとして、2016年10月にJP労組と労働協約を締結し、就業規則化した。そして2017年4月、全国で7万9千444人の無期雇用社員(アソシエイト社員)が生み出された。退職金も無しで、一生低賃金がそのままという雇用形態の労働者が約
月刊『労働運動』34頁(0326号09/01)(2017/05/01)


※職場闘争と一体の労働委員会闘争で郵政職場から反撃を!
安倍の「働き方改革」と真っ向勝負の労働委員会闘争を東京で開始!

2017年4月 1日発行 第0325号

組合員が総決起 動労千葉は、第2の分割・民営化攻撃粉砕、3月ダイ改阻止、内房線・久留里線の切り捨て反対を掲げ、3月4日から5日にかけて全本線運転士がストライキに起ち上がった。 3月3日のスト貫徹総決起集会、4日の館山行動、5日のJR東日本本社抗議闘争にのべ200名を超す組合員が決起し、闘いをやりぬいた。 われわれは2月4日の館山地域集会を地域住民と一体となって成功させ、JR―安倍政権の地方切り捨て攻撃と真正面から闘いぬく陣形を作りあげることをもって、第2の分割・民営化攻撃粉砕
月刊『労働運動』34頁(0325号02/01)(2017/04/01)


特集 動労総連合のダイヤ改定阻止3月スト決起
3月ダイ改阻止の闘いを引き継ぎ、春闘第2ラウンドの闘いへ
動労総連合は動労千葉を先頭にストライキに突入! JR東日本本社抗議行動に決起!

(写真 JR水戸駅前でスト突入の街頭宣伝)  動労総連合の統一ストライキ闘争として、動労水戸は運転士と水戸鉄道サービス(MTS)出向者がストライキに突入し、3月4日正午からJR水戸駅前で街頭宣伝を行いました。   市内にある偕楽園で「うめまつり」が開催されていることもあり、人通りは普段の休日よりはるかに多いという実感でした。街頭ではストライキを周知するビラと「3・11反原発福島行動17」のビラをセットにして配布し、同時に国鉄1047名解雇撤回署名と「被曝と帰還の強制反対署名
月刊『労働運動』34頁(0325号02/02)(2017/04/01)


特集 動労総連合のダイヤ改定阻止3月スト決起
※動労水戸
運転士とMTS出向者がストライキに決起

 「私は、今日1日、ストライキを貫徹します。貨物の仲間のみなさん。今のようなJR貨物の状況をつくったのは国鉄分割・民営化です。JR7社体制が間違っていたのです。資本主義社会そのものを変えましょう。他労組は会社の意のままになっていますが、ストライキで闘う以外にありません。動労総連合に結集して闘いましょう」  3月15日午前8時、動労総連合・新潟の杉野彰書記長のスト突入アピールが東新潟機関区、新潟貨物ターミナル、新潟新幹線車両センターの一帯に響き渡りました。三職場を見下ろす跨線
月刊『労働運動』34頁(0325号02/03)(2017/04/01)


特集 動労総連合のダイヤ改定阻止3月スト決起
※動労総連合・新潟
JR貨物の春闘ストライキで地域の闘いをけん引

 郡山総合車両センターでは、基幹業務である車体検修ラインの外注化が、既に8割以上にまで拡大されています。その下で起きていることは、出場検査で指摘される「手直し」の77%が外注会社の担当であるという事態です。根本的原因は、外注会社が担当している業務量が圧倒的に多いにもかかわらず、要員数はJRより少なく、かつ低賃金であるということにあります。 動労福島は、JR全面外注化阻止!常磐線小高-浪江間開通阻止!大幅賃上げを掲げ、3月3日ストライキを打ち抜きました。郡山総合車両センター正門
月刊『労働運動』34頁(0325号02/04)(2017/04/01)


特集 動労総連合のダイヤ改定阻止3月スト決起
※動労福島
郡山車両センターで春闘ストライキを打ち抜く

(写真 ストライキ宣言する東元組合員)  大阪事業所の仲間の皆さん。支援の仲間の皆さん。本日(2017年2月28日)のストライキに決起した決意と、到底おさまることのできない怒りを表明します。(1)本日のストライキは、JR西日本が私に行なってきた30年間に及ぶ悪逆非道な不当配属への怒りを今こそ解き放ち、原地・原職である「森ノ宮電車区」へ直ちにもどるために決起しました。 昨年10月の個人面談の場で、現場長から「東社員は、近い将来、『あいウイル』か『メンテック』に行ってもらいます
月刊『労働運動』34頁(0325号02/06)(2017/04/01)


特集 動労総連合のダイヤ改定阻止3月スト決起
※動労西日本・関西
近畿支部の東元組合員のストライキ宣言!

2017年3月 1日発行 第0324号

 2月4~5日、都内で全国労組交流センター第24回定期全国総会が開催されました。田中康宏代表の挨拶と辻川慎一代表の基調提起を受けて、2日間活発な討論が行われました。トランプ情勢、韓国情勢は歴史が大きく動き始めていることを示しています。戦争と民営化攻撃の激化と同時に、労働者の階級的決起が開始されています。国鉄分割・民営化で総評解散・連合結成以来30年、全国労組交流センターは、国鉄闘争を軸に全国全産別で闘ってきました。新自由主義の崩壊の中で、第2の分割・民営化との闘いは決戦にな
月刊『労働運動』34頁(0324号02/01)(2017/03/01)


特集 全国労組交流センター第24回定期総会の報告
国鉄、東京、大阪を軸に、民営化反対の闘いで組織拡大へ!

『月刊労働運動』の拡大を水路に、2017年を組織拡大の年へ!  2月4日全国労組交流センター総会1日目の夜に、『月刊労働運動』機関誌担当者会議を開催しました。各地区代表者の総勢40人が参加し、活発な論議をしました。以下、会議の報告と課題を明らかにします。 最初、編集委員会から、全国労組交流センターの存在意義と機関誌『月刊労働運動』の役割について提起しました。 「韓国民主労総ソウル地域本部が、動労千葉を信頼している根拠は大きく二つある。一つは、30年間国鉄分割・民営化に反対して
月刊『労働運動』34頁(0324号02/02)(2017/03/01)


特集 全国労組交流センター第24回定期総会の報告
★『月刊労働運動』(機関誌)担当者会議の報告と課題

飯田 英貴(全国労組交流センター事務局長) 動労総連合のストライキを先頭に民営化反対の大闘争を!  全国労働組合交流センターは2月に第24回定期全国総会を開催し、2017年決戦の路線と方針を確立しました。 耐え難い貧困・格差、戦争を強いてきた新自由主義に対する怒りが全世界で噴出しています。韓国に続いて始まったアメリカでのトランプ大統領に対する数百万のデモは、ついに歴史が労働者階級の革命に向かって大きく動き出したことを告げ知らせています。 重要なことは、いずれの闘いも、その中心
月刊『労働運動』34頁(0324号02/03)(2017/03/01)


特集 全国労組交流センター第24回定期総会の報告
※ 全国労組交流センター総会の総括 ※

2・12労働者集会  650人が結集! 650人が結集   国鉄闘争全国運動の呼びかけで「国鉄分割・民営化で不当解雇から30年―2・12労働者集会」が、東京・すみだ産業会館で650人の結集で開催された。 新たな闘いの足場を築いた  集会の冒頭、越谷市職の女性労働者が埼玉の弾圧を粉砕し3人の仲間を取り戻したと報告。 開会あいさつに立った全国運動の呼びかけ人の金元重さんは、「国鉄闘争の火は、時には風の前に揺らぎ、炎がか細く見えたこともあったが、粘り強い署名運動を展開し、裁判闘争
月刊『労働運動』34頁(0324号03/01)(2017/03/01)


特集 2月国鉄集会の報告
民営化をぶっ飛ばそう! 戦争と改憲を止めよう! 国鉄分割・民営化で不当解雇から30年

2・12北海道国鉄集会の報告  北海道札幌市教育文化会館において2・12北海道国鉄集会が開催されました。NTT労働者の開会宣言に続き第1部は、『勝利の日まで~韓国ゼネスト3年の記録~』のDVDを上映。獄中のハンサンギュン委員長の半生の紹介もあり、民主労総の闘いの歴史を知ることができました。日本でもこんな闘いを実現したいと心から思いました。 第2部は、元国労札幌闘争団で、現在、動労総連合・北海道(準)代表の長尾信一さんが「JR北海道は、このまま行ったら2019年に安全運行がで
月刊『労働運動』34頁(0324号03/02)(2017/03/01)


特集 2月国鉄集会の報告
北海道、新潟、東海、関西、中四国、九州-各地の国鉄集会報告

(写真 腹話術でアピールする会の代表)  2月4日、内房線と地域を守る会が呼びかけた「内房線切り捨てのダイヤ改正に反対する集会」が開催され、地域住民、各支部組合員など170名が参加し、怒りの声を上げた。 地元住民から次々に反対の声  主催者あいさつにたった会代表は、腹話術でアピールを行い、「『JRのやり方はおかしい』『各駅停車の折り返し運転はやめて』『元のように特急を走らせて』ということで運動ができれば大きな力になる」「運動の秘訣は絶対に諦めないこと」と訴えた。 国会議員か
月刊『労働運動』34頁(0324号03/03)(2017/03/01)


特集 2月国鉄集会の報告
地域社会から将来の希望を奪うJR3月ダイ改へ怒りの声あがる
2・4内房線切り捨てのダイヤ改正に反対する集会に170人が結集

(写真 2・12国鉄集会に登壇した八潮支部) 清掃労働者が誇りを持って働ける職場をつくりたい!  私たちは(株)交通機械サービス(KKS)八潮事業所に勤務し、東京臨海高速鉄道の車両基地で車両清掃をしている労働者です。私たちは昨年12月、職場の過半数を超える労働者を組織する責任組合として、国鉄東京動力車労働組合交通機械サービス八潮支部を結成しました。 労働組合の経験もほとんどありませんでしたが、「会社に一人で文句を言っているだけではただの愚痴にしかならない。団結してはじめて力
月刊『労働運動』34頁(0324号03/04)(2017/03/01)


特集 2月国鉄集会の報告
清掃労働者をなめるな!
交通機械サービス八潮事業所労働組合結成

白井徹哉(国鉄闘争全国運動事務局長) ●分割・民営化から30年  国鉄分割・民営化による不当解雇から30年となる2月、全国各地で国鉄集会が開催されました。国鉄分割・民営化と30年にわたって闘ってきた国鉄闘争の新たな闘いの出発となる集会となりました。労働運動の歴史において、国家をあげた攻撃にこれほど長期に非妥協的に闘争を貫いた歴史はないわけですが、それが新たな闘いの展望を切り開いていることの意義は計り知れないものがあります。 国鉄闘争全国運動は2010年以来、国鉄闘争、ひいては
月刊『労働運動』34頁(0324号03/05)(2017/03/01)


特集 2月国鉄集会の報告
2月国鉄集会の総括
国鉄分割・民営化から30年、新たな闘いの展望を切り開いた2月国鉄集会

2017年2月 1日発行 第0323号

2・12東京集会はじめ2月国鉄集会への結集をよびかけます! 白井 徹哉(国鉄闘争全国運動事務局長)  国鉄分割・民営化による不当解雇から30年を前にした2月12日、東京・すみだ産業会館で国鉄1047名解雇撤回の集会を開催します。全国各地でも国鉄集会が開催されます。 これまで国鉄闘争を支援してきたあらゆる人びと、国鉄分割・民営化以後に生まれた青年労働者、そして労働運動に期待を寄せるすべての労働者の結集を呼びかけるものです。 国鉄分割・民営化は、戦後最大の労働運動解体の攻撃でした
月刊『労働運動』34頁(0323号02/01)(2017/02/01)


2月国鉄集会へのアピール
不当解雇から30年! 第2の分割・民営化粉砕!

(写真 11・12民主労総大会で演壇に登った田中委員長)  国鉄分割・民営化から30年を迎える2017年2月、全国で国鉄集会が開催されます。昨年12月に国鉄闘争全国運動の呼びかけ人会議が開催されました。そこでの論議を編集委員会の責任で掲載します。不当解雇から30年、第二の国鉄分割・民営化との闘いは、社会丸ごとの民営化、安倍の「働き方改革」をめぐる最前線の攻防です。「民営化は悪」という世論を作りだし、韓国に続くゼネストへ決起しよう。 ●田中康宏委員長   2016年は国鉄闘争
月刊『労働運動』34頁(0323号03/01)(2017/02/01)


国鉄闘争全国運動呼びかけ人会議から
もうたくさん!民営化と競争原理をやめろ!
不当解雇から30年! 2月国鉄集会へ!

★強制出向3年目を前に「JRに戻せ」とすとらいき!(2016年9月、10月) (写真 ★出向無効確認訴訟にむけた東京地裁前行動【2016年10月】) (写真 動労千葉 幕張車両センターのスト ) (写真 動労水戸 勝田両センターのスト) (写真 動労連帯高崎 籠原派出所のスト)  1月13日、第18回動労総連合・出向命令無効確認訴訟で第3回証人尋問が行われた。今回を含めて3度の証人尋問における裁判闘争では、すべて大法廷を埋め尽くして闘い抜いた。組合側は田中康宏委員長、JR側は
月刊『労働運動』34頁(0323号04/01)(2017/02/01)


第18回出向無効確認訴訟ー証人尋問 第3回
JR証言「一人で清掃・検修・運転をやらせ、人員を減らせば利益があがる」