Home> 事務局 > 月刊「労働運動」8月号 発行

月刊「労働運動」8月号 発行

k281_01_1.jpg

■労働者の目
1047名解雇撤回! JR復帰! を闘い!
中村 仁 常任運営委員 動労千葉執行委員

  6・9国鉄集会で、「9・25判決までの4カ月間は、国鉄闘争の最大の正念場であり、階級的労働運動が登場できるかどうかのかかった闘いである。目の色を変えて、闘いと組織化に総 5月8日、東京高裁・難波裁判長は、すべての証人申請を却下し、一切の事実調べを拒否して動労千葉の鉄建公団訴訟控訴審の結審を強行した。「国鉄分割・民営化」が国家的不当労働行為によって行われた事実が白日の下にさらされることを恐れた国家権力が裁判所とぐるになって、そのことをなかったことにしなければと躍起になっている。絶対そんなことは許されない。
 先日、動労千葉と弁護団との打ち合わせがあり、難波裁判長の反動結審に対して、弁論再開の申し立てを8月22日(木)15時に行うことを決定しました。
 新たな証拠として「国鉄改革前後の労務政策の内幕」なるものにおいて明らかになったことは、井手正敬と葛西敬之が斎藤英四郎JR設立委員長を訪れ、停職処分を受けた職員を排除する基準作成を要請し、最終的に斎藤委員長の指示で国鉄(葛西)が不採用基準を作成したという事実であり、この証拠は、「国鉄とJRは別法人」のウソを明らかにしました。この事実を知る葛西、井出の証人申請が絶対必要であることを強く訴えていきます。

(写真中村 仁 常任運営委員 動労千葉執行委員)
 

 

 高裁の9月25日の判決に対する「解雇撤回・JR復帰の判決を求める要望書」への多くのみなさんからの署名が力になっています。本当にありがとうございます。ぜひ10万筆を東京高裁に叩きつけたいと思っています。引き続きご協力をお願いします。
 JR東日本で働く動労千葉組合員は、国鉄当時に駅の営業職に強制配転されている仲間、ライフサイクル攻撃で駅に強制配転されている仲間、そして外注化で強制出向されている仲間が現場で歯を食いしばって闘っています。現場の闘いと、1047名解雇撤回の闘いを〝労働者の立場に立ちきった団結〟で粉砕し実力で原職復帰・JR復帰を勝ち取ります。
 安倍政権が狙う最大の攻撃は、「国鉄方式」による社会まるごと民営化です。そして、解雇・賃下げ自由化で資本のツケを労働者に押しつけようとしています。だからこそ国鉄分割・民営化攻撃を曖昧に終わらせず絶対反対で闘うことが、そのすべてを打ち破る団結の力になるのです。
 福島の原発事故とその後の福島の仲間への国家的犯罪を絶対許さず、沖縄の仲間と共に闘おう!
 弁論再開を勝ち取り、9・25反動判決許さず闘います。
 

----------------------------------------------------------------------------

 (月刊「労働運動」の購読は次のアドレスに注文をお寄せください)

全国労働組合交流センター

〒111-0041 東京都 台東区 元浅草2-4-10 五宝堂・伊藤ビル5F

電話 03-3845-7461 FAX 03-3845-7463
Eメールcentergo@nifty.com

Index of all entries

Home> 事務局 > 月刊「労働運動」8月号 発行

カテゴリ
Archives
購読
QR code
  • 交流センター携帯 QR code交流センターMobile
Links

Return to page top