Home> 事務局 > 月刊「労働運動」11月号発行

月刊「労働運動」11月号発行

 

■労働者の目
闘う労働組合をつくり出し、社会を変えよう!
吉本 伸幸 常任運営委員 合同・一般労働組合全国協議会代表

g284_1_1.jpg

 ついに新自由主義の破綻と崩壊が始まりました。全世界で労働者階級の生きるための決起が巻き起こっています。我々、全国労組交流センター傘下の労働組合、仲間は国鉄闘争を基軸とし、自らの職場で「やるか、やられるか」「生きるか、死ぬか」、人生をかけた大闘争をおこなっています。今まさに、激動の革命情勢で、戦後労働運動の歴史を塗り替える絶対非和解の「闘う労働組合」の主流派として、先陣を切って登場しています。
 9月25日、東京高裁民事第12部・難波裁判長は、解雇撤回を求めて闘い続けてきた動労千葉の鉄建公団訴訟控訴審において、不当労働行為を認定しながら、解雇撤回・JR復帰を拒否して500万円の「慰謝料」のみを命ずる反動判決を下しました。
 しかし、この判決が示しているのは、国鉄分割・民営化攻撃、国鉄改革法の破綻に他なりません。「国鉄とJRは別法人で不採用の責任はJRに及ばない」なる虚構は全部崩れ落ちました。ついに我々の絶対非和解の闘いが、ここまで敵を追い詰めたのです

 

 

 日本における新自由主義攻撃は国鉄分割・民営化から始まり、膨大な労働者が非正規職やワーキングプアに突き落とされ、社会そのものが壊されました。JR北海道の安全全面崩壊の現実、JR貨物の現実、国鉄分割・民営化は大失敗に終わりました。
 安倍自民党政権は、労働規制の更なる緩和をもって、社会全体を総非正規職化、民営化地獄に叩き込もうとしています。この国家が行う「労働者生き地獄」との全面対決を、我々が職場で怒濤の如く開始しました。闘いの主戦場は自らの「職場」です。膨大な怒りの声は充満し爆発を開始しています。
 「悔しい、生きさせろ、生き抜いてやる、絶対負けない」―労働者の爆発した怒りと一体となり結合し、闘う労働組合として最先頭で組織拡大を貫徹していきましょう。
 東京、首都圏の職場から闘う労働組合の決起が始まりました。闘うことは楽しいことです。闘いの中からこそ労働者同士の鉄の団結が生まれます。6000万労働者の団結の要となり社会の権力を取り返しましょう。
 この「月刊」が出る頃は、11・3労働者集会は大成功を勝ち取り、集会の景色を変えていると確信しています。労働者は必ず決起することに確信を持っているからです。
 さあ! 迷わず自信と確信を持ってこの道を驀進しよう! 勝利を我々の団結した力で勝ち取ろう!!

----------------------------------------------------------------------------

 (月刊「労働運動」の購読は次のアドレスに注文をお寄せください)

全国労働組合交流センター

〒111-0041 東京都 台東区 元浅草2-4-10 五宝堂・伊藤ビル5F

電話 03-3845-7461 FAX 03-3845-7463
Eメールcentergo@nifty.com

Index of all entries

Home> 事務局 > 月刊「労働運動」11月号発行

カテゴリ
Archives
購読
QR code
  • 交流センター携帯 QR code交流センターMobile
Links

Return to page top