Home> 事務局アーカイブ

事務局の最近のブログ記事

月刊「労働運動」2017/9月号

※表紙の写真は、7月23日動労総連・北海道の結成集会で挨拶する長尾信一委員長と成田昭雄副委員長

■甦る労働組合

闘いはこれからだ! 17~18年改憲阻止決戦で安倍・小池を監獄へ

月刊労働運動 2014/1月以降からの記事 

g0330_00_01a.jpg

※表紙の写真は、8・6ヒロシマ闘争で原爆ドーム前から安倍弾劾のデモに出発するデモ隊

g0330_01_01a.jpg

西田 貴広 (全国労組交流センター常任運営委員、神奈川、全逓部会)

2017年、世界は「戦争か革命」の時代が本格的に始まりました。全世界で新自由主義への怒りが爆発し、ゼネストや暴動的反乱が開始されています。過剰資本・過剰生産力と私有財産制が引き起こしたこの情勢を資本主義は解決できず、排外主義と差別・分断、戦争=革命圧殺で乗り切ろうと戦争衝動を強めています。朝鮮侵略戦争が世界戦争に行きつくのは必至です。戦争を止める力は労働者のゼネストと国際連帯です。韓国民主労総のゼネストと固く連帯し、日本におけるゼネストを実現しよう。日本の労働者の闘いが決定的に問われています。

Continue reading

月刊「労働運動」2017/8月号

g0329_00_01a.jpg

※表紙の写真は、7月23日動労総連・北海道の結成集会で挨拶する長尾信一委員長と成田昭雄副委員長

■甦る労働組合

闘いはこれからだ! 17~18年改憲阻止決戦で安倍・小池を監獄へ

月刊労働運動 2014/1月以降からの記事 

g0329_01_01a.jpg

岩本 正治(全国労組交流センター副代表、全逓部会)

 7月都議選への全国の仲間の総決起本当にご苦労様でした。
北島邦彦氏への投票数は2496票でした。開票直後の7月3日に行われた選挙事務所での総括会議で、参加した首都圏の仲間から出た選挙戦を闘っての思いは、本当に熱いものがありました。「2496票は悔しい。私たちの街頭での真正面からの〝安倍を監獄へ、小池を倒そう〟の訴えは日ごとに手ごたえを感じた」「選挙戦は本当に楽しかった。こんな選挙は初めてだ」「『どこの党ですか』と聞かれて、『新しい労働者の党です』と答えてスッキリした」「地域・労働組合の拠点が必要だと痛感した」「闘いはこれからだ。安倍をゼネストで監獄へ叩き込もう」等々。団結して総力で主体的解放的に闘ったみんなの感想は今回の選挙闘争総括の土台としてあると思います。
 都議選の結果はご承知のとおり、自民党の歴史的惨敗と小池率いる都民ファーストが勝利しました。自民党の戦後始まって以来の惨敗の要因は、労働者・家族の安倍への腹の底からの怒りです。みんなの怒りに向き合った「安倍を監獄へ!」の渾身のアピールは、この選挙戦で投票数の数千倍の人の心に届いたことは間違いありません。

Continue reading

月刊「労働運動」2017/6月号

g0327_00_01a.jpg

(※表紙の写真は、5月10日動労総連合がJR東日本本社に「1047名解雇撤回とJR採用」を求めて新たな申し入れ)

■甦る労働組合

改憲と戦争に突き進む安倍政権を打倒し、国鉄闘争全国運動6・11集会へ!

月刊労働運動 2014/1月以降からの記事 

g0327_01_01a.jpg

中村 仁 (全国労組交流センター常任運営委員、動労千葉執行委員)

 戦後最大の労働争議1047名解雇撤回闘争の火が、2010年4月、民進党政権下で与党3党・公明党と政府の間で「政治決着」の合意が成立し、国労本部など4者4団体代表が連名で受け入れを表明したことにより、消えようしていました。国家的不当労働行為への謝罪も解雇撤回もなく国鉄分割・民営化を正当化する暴挙でした。
 これに対して動労千葉が「闘いの火を消してはならない」「闘いの勝利の中に労働者と労働組合の未来はある」と訴えて、国鉄闘争に心を寄せてきたさまざまな立場の人々が声をあげる決意をし、呼びかけて始まったのが「国鉄闘争全国運動」です。
 動労千葉は1047名解雇撤回訴訟で、2015年の6・30最高裁決定を受け、JR東日本に対して3次にわたり申し入れを行いました。JRは設立委員会の斎藤英四郎委員長がJRの「当該者」であることを認める回答を行ってきました。

Continue reading

月刊「労働運動」2017/5月号

■甦る労働組合

6・11国鉄闘争全国運動集会に総結集かちとり、都議選決戦へ!

月刊労働運動 2014/1月以降からの記事 

g0326_01_01a.jpg

大熊 豊彦 (全国労組交流センター常任運営委員、全逓部会)

米帝・トランプ政権は、シリアを空爆し、巡航ミサイル59発を打ち込み、戦争に踏み切った。
米中会談の最中であり、明らかに北朝鮮に対する攻撃を意図して、仕掛けたに相違ありません。
 再び三度、朝鮮侵略戦争を含む世界戦争を起こそうとしています。我々は、戦争を許さず、戦争を行う自国政府を打倒しなければなりません。
 安倍政権も、TPPが破綻し、アメリカ・ロシア・中国との関係も破綻し、朝鮮侵略戦争への衝動を強めています。
 そして国内の治安弾圧法である共謀罪の成立を狙っています。その先駆けで、埼玉の「道路運送法違反容疑「白タク」弾圧、神奈川の「詐欺容疑」弾圧、また学生への「公務執行妨害」での不当逮捕の攻撃がかけられました。これは安倍政権の戦時体制にむけたあせりに駆られた弾圧です。しかし、こうした弾圧は、職場と地域の労働者の団結した力で見事に粉砕しました。

Continue reading

月刊「労働運動」2017/4月号

g0325_00_01a.jpg

(※表紙の写真は、3・5JR東日本本社前に、ダイヤ改定を許さず春闘ストを闘って結集した動労総連合)

■甦る労働組合

労働組合の旗が立った時、地域丸ごと決起をつくりだす展望が切り開ける!

月刊労働運動 2014/1月以降からの記事 

g0325_01_01a.jpg

深町 加代子(全国労組交流センター常任運営委員、自治体労働者部会)

 関西労組交流センターは昨年度、様々な闘いの地平を切り開くことができました。郵政の中に新たな結集軸を立てる「スキル地労委」。奈良市従の下水道民営化絶対反対で、現場の非正規労働者と団結し、体制内執行部と奈良市当局を串刺しする闘いとなった「奈良下水道裁判」。高槻の医療福祉労組の初めてのストライキ。解放同盟本部から結集し、いま「下山鑑定」をもって新たな狭山の闘いと組織拡大する地平を切り開いた「高槻植木団地闘争」。動労西日本、奈良の京終ストライキなどなど挙げればきりがありません。戦争の時代に、これらの闘いは拠点を作る闘いであり、周りの地域すべてを組織できるという、地域丸ごとの決起を作り出す展望を切り開いたと思っています。 特に特徴的な二つの闘いについて報告したいと思います。

Continue reading

月刊「労働運動」2017/3月号

g0324_00_01a.jpg

(※表紙の写真は、※表紙の写真は、国鉄分割・民営化で不当解雇から30年―2・12労働者集会)

■甦る労働組合

東京決戦が始まった!― 3月国鉄・春闘行動に決起しよう!

月刊労働運動 2014/1月以降からの記事 

g0324_01_01a.jpg

#
山口 弘宣 (全国労組交流センター副代表、日本機械労働組合書記長)

小池都知事は「都民ファースト」を掲げ、トランプ米大統領と同じく大資本「第一主義」を貫こうとしている。二人とも資本の意を体現する人物である。資本の利益=自分の利益だ。
 維新の会の橋下は、最近のブログで「日本の大改革を進めるためには、東京大改革が必要だ。そして東京大改革のためには大阪都構想の思想が必要になる」と、東京での大民営化を訴えている。東京が新自由主義の焦点となっているのだ。この東京大改革と対決するのが都労連決戦である。
 大阪市交通局の地下鉄とバスは2018年に民営化されようとしている。交通局は廃止されるため、職員は全員退職することになる。いったん退職し、新入社員として選別採用されるのだ。この大阪市営地下鉄の民営化を推進したのは現在、東京都の特別顧問である上山信一(慶應義塾大学教授)だ。旧運輸省出身で国鉄分割・民営化を経験しており、維新の会のブレーンであった。「都民ファースト」の正体は、公務員労働運動の解体であり、都営地下鉄・バスの民営化だ。そして豊洲問題こそ新自由主義の矛盾のるつぼだ。 全国労組交流センターを先頭に築地デモも始まった。

Continue reading

月刊「労働運動」2017/2月号

g0323_00_01a.jpg

(※表紙の写真は、1月7日、組合員、家族、支援者をまじえて盛大に行われた動労千葉の旗開き)

■甦る労働組合

労働者としての誇りを持ち続ける!― 2月国鉄集会を成功させよう!

月刊労働運動 2014/1月以降からの記事 

g0323_01_01a.jpg

#
中村 仁 (全国労組交流センター常任運営委員、動労千葉争議団)
 今から30年前の1987年2月、動労千葉12名にはJRへの採用通知が来ませんでした。4月1日、国鉄がJRに民営化されるのと同じく、人材活用センターが清算事業団になり、国鉄改革法により再就職を目指す清算事業団職員として佐倉、鴨川の事業所で過ごし、3年後の90年4月1日には、清算事業団をも解雇されました。
 12名は、自分の力で新たな仕事につき、今も解雇撤回を闘い続けています。その原動力は、JRの職場で動労千葉の旗の下、不屈に闘う組合員が居る、そして動労千葉を支援してくれる全国の闘う仲間が居るからです。そして自分たちの闘いが労働者として人として正しいと考えているからです。

Continue reading

豊洲移転絶対反対!小池打倒ー1/27築地デモにたとう

  • 2017年1月25日 09:21
  • 事務局

【1月27日(金)11時半、中央区明石町区民館前に集合-正午、デモ出発】
私たち全国労組交流センターは、緊急の築地デモに起ちます。
1月14日、最終だったはずの「地下水モニタリング」でとんでもない汚染の数値が明らかになりました。石原元都知事の犯罪は明らかとなりました。築地廃止・豊洲移転の狙いは民営化です。小池知事は石原と同じ穴のムジナです。
多くの皆さんの参加をおねがいします。
634639ce8a8dd700b694797af72806404fb9840d.jpg
307151ba5e811ed10ae16f4d2f1d14fbaa60b0f0.pdf

月刊「労働運動」2017/1月号

g0322_00_01a.jpg

(※表紙の写真は、12月11~12日動労総連合第31回定期全国大会で第2の分割・民営化粉砕を宣言!12月10日原ノ町運輸区前で、「JR常磐線全線開通絶対反対、被曝と帰還の強制許すな」と動労水戸を先頭に闘った!)

■甦る労働組合

民主労総に続く日本におけるゼネストに向けて国鉄・都労連決戦を闘おう!

月刊労働運動 2014/1月以降からの記事 

g0322_01_01a.jpg

星野 勝紀 (全国労組交流センター常任運営委員、全逓労働者部会)
11月国際共同行動は歴史的な大成功を勝ち取った。韓国のパククネ打倒の100万を超える民衆総決起は、鉄道労組の闘いを先頭に民主労総のゼネストが切り開いた革命情勢である。そして、03年以来の日・韓・米の国際連帯の闘いが切り開いたプロレタリア世界革命を準備する新たなインターナショナルの始まりである。
 韓国・鉄道労組のストライキを先頭に民主労総の闘いがつくりだしてきた民営化絶対反対の闘いが、民衆の根底的怒りと結びつき、100万を超える決起をつくりだした。
 2017年、そうした闘いを日本でも実現しよう。闘いの基調になるのが国鉄決戦だ。

Continue reading

月刊「労働運動」2016/12月号

g0321_00_01a.jpg

(※表紙の写真は、11月6日東京・日比谷野音の労働者集会後、デモ行進)

■甦る労働組合

民主労総と連帯し、ストで安倍首相、小池都知事を打倒しよう!

月刊労働運動 2014/1月以降からの記事 

g0321_01_01a.jpg

佐藤 賢一 (全国労組交流センター常任運営委員、自治体労働者部会代表)
 「アリガトウ」「ガンバッテー」
大通りの真ん中で組合の旗を持って待機する私たちに、流暢とはいえない日本語で次々と声がかけられる。2016年11月12日夜、韓国大統領府前の光化門前の大通り。史上空前の100万人を超えるデモのど真ん中だ。民主労総の国際部の人が、「なぜここに日本人が組合の旗を持って立っているのか」と何度も聞かれ、ニコニコしながら質問に答えている。それに対する返答として、デモ参加者からこの声がかけられているのだ。
 「朴大統領は自ら退陣せよ」老若男女が声をあげて我々の隊列とすれちがう。携帯で旗や私たちの写真を撮る人、日本語や英語で話しかけてくる人がひきも切らない。私たちと一緒に記念写真をとり、「アリガトウ」と手をふり歩き去っていく。労働組合員だけでなく、韓国民衆も、動労千葉を中心とした日本の220人の国際連帯の部隊に触れ、そして「朝鮮戦争反対」「安倍打倒」のプラカードをも持つ私たちに、民衆としての国際連帯を見たのだ。まさに真の国際連帯が始まった。この唯物論的現実は強烈なインパクトを与えたに違いない。

Continue reading

Next archives

Home> 事務局アーカイブ

カテゴリ
Archives
購読
QR code
  • 交流センター携帯 QR code交流センターMobile
Links

Return to page top