Home> 事務局: 2012年8月アーカイブ

事務局: 2012年8月アーカイブ

月刊「労働運動」8月号 発行

g1208-00-0.jpg

■労働者の目

辻川 慎一
代表運営委員 動労水戸副委員長

g1208-1-1.jpg

 私の父は、坑夫だった。発破の名人だったと自慢する時の顔は、誇らしげだ。私が小学生の頃、その父と母親が固唾を飲んで深く静かにテレビを見ていたシーンを思い出す。炭鉱事故のニュースである。総資本対総労働の闘いと言われた三井三池闘争をその指導部によって敗北に導かれたあと 、60年代から70年代は炭鉱事故の続発で多くの労働者の命が奪われ、その家族を破壊した。殺された炭鉱労働者の姿とその家族の慟哭は、父と母と私の姿であったかもしれないのだ。「石炭から石油へ」を抵抗できない流れのように描き、労働者の団結と生命を破壊した資本は、今や膨大な石炭を輸入している。これを進めた人間と原発を進めた人間、そして国鉄を分割・民営化した人間は重なっている。そして、そのインチキを労働者に飲ませてきた労働運動指導部の系列も同じだ。
(写真 検修構内外注化阻止! 闘う労働運動の復権をめざす7・14動労千葉総決起集会(千葉市・生涯学習センター)


Continue reading

動労千葉、動労水戸のストライキ支援に立とう  事務局

doro-mito_531_strike.jpg

doro-mito_531_strike.pdf

10・1外注化阻止、被曝労働強制反対、組織拡大に向けて、動労千葉、動労水戸がストライキで闘います。

1)動労千葉、京葉車両センターストライキ
 JR千葉支社は、京葉車両センターにおいて8月の勤務を発表すると同時に、機動班に配置されている繁沢敬一副委員長らに対して、仕業の見習を一方的に指定しました。
 これは、当面JRに残る機動班で仕事をしている繁沢副委員長を、委託対象となっている仕業に配置し、強制出向しようということです。
 動労千葉は10・1外注化強行に向けた組織破壊を断じて許さず、2名の指名ストライキで闘います。

日時:8月7日(火)7:30 京葉車両センター前結集

2)動労水戸大子支部は7月30日からラジエーター清掃という被曝労働強制に反対する連日のストライキ体制に入りました。
 
 30両あまりのラジエーター除染作業のすべてをストで闘う方針です。
 当局からは午前8時30分頃に清掃作業の指示があり、その時点で一人でもストライキに突入。作業終了後に職場復帰し、午後もう一度ストライキに入るという大変な闘いです。この闘いは外注化阻止決戦そのものであり、首相官邸前反原発20万人決起情勢は職場にあることを実証する闘いでもあります。

 檄文・檄布・カンパなどは以下にお願いします。
 ▽茨城県水戸市三の丸3-1-3 国鉄水戸動力車労働組合
 ▽FAX 029-227-6291
 ▽メール doro_mito@yahoo.co.jp

Home> 事務局: 2012年8月アーカイブ

カテゴリ
Archives
購読
QR code
  • 交流センター携帯 QR code交流センターMobile
Links

Return to page top