Home> 事務局: 2014年4月アーカイブ

事務局: 2014年4月アーカイブ

月刊「労働運動」4月号

g0289_01_01a.jpg

月刊労働運動 2014/1月~

■労働者の目
国鉄10万筆署名の貫徹を軸に、国鉄・公務員決戦で安倍打倒を!

二本柳  実 常任運営委員 教育労働者部会代表
 大恐慌は、大失業と戦争と革命を生み出す。
世界大恐慌と3・11情勢に直撃された日帝・安倍政権の絶望的突出はすさまじい。諸外国との関係悪化を承知の上で靖国参拝を強行し、この通常国会では労働者派遣法改悪や集団的自衛権行使の解釈改憲に踏み出そうとしている。
 改憲攻撃と一体で戦後教育体制の根本的転換を狙い、教育委員会制度の解体を手はじめに、戦略特区による公設民営学校の解禁を突破口として「教育の民営化」をすすめ、一方では教科書検定強化や道徳教育の教科化など教育への直接支配をはばからない。まさに「戦争と民営化(非正規化)」を一体ですすめるものだ。
 新自由主義攻撃の核心は、労働者の団結破壊、労働組合破壊である。権力機構内に存在する公務員労組を協力者、積極的な推進者にすることなく、安倍の戦争と改憲、新自由主義攻撃は貫徹できない。そのためには「公務員の岩盤を崩す」、すなわち労働組合を破壊するというのだ。

 

Continue reading

月刊「労働運動」1-3月号をアップしました

g0288_01_01a.jpg

月刊労働運動 2014/1月~

■労働者の目
都知事選を闘った総括は「今こそ労働組合を復権させよう」だ!
赤羽 進彦 常任運営委員、青年部長 精研労組
 はじめに、2・9都知事選を最先頭で闘い抜いた鈴木たつお候補の渾身の決起と、鈴木候補を全力で支え抜いた街宣隊やウグイス隊、選対事務所を含めて都知事選を闘った全ての人の自己解放的決起を確認したい。
 鈴木候補は、青年をはじめ労働者階級の怒りを体現し「被曝させない・戦争させない・貧困過労死許さない・だからオリンピックはやらない」を掲げ、1万2684票をかちとった。
 都知事選挙は第一に、猪瀬打倒に追いつめられた安倍政権が、全矛盾を労働者に強制し、延命を図るために、民営化・非正規職化と労組破壊、改憲と戦争、治安弾圧の新自由主義攻撃をかけてきたことを真正面から見すえ、東京の労働者に「労働者こそ社会の主人公だ」「労働組合を復権させよう」と真正面から訴えた。

 

Continue reading

Home> 事務局: 2014年4月アーカイブ

カテゴリ
Archives
購読
QR code
  • 交流センター携帯 QR code交流センターMobile
Links

Return to page top