2019年1月アーカイブ

2019年1月 1日発行 第0346号

(写真 12・9動労総連合第33回定期全国大会で組合歌を合唱する組合員) 目次 ◎甦る労働組合 奪われてきた団結を取り戻し、2019年勝負の年へ!〔特集〕●結成30周年 改憲阻止で荒々しい階級闘争を復権しよう! ●動労総連合大会報告 ●国鉄1047名解雇撤回2・10集会へ!★2019年新年アピール 田中康宏(全国労組交流センター代表・動労千葉委員長) 結成30周年、改憲阻止で荒々しい階級闘争を復権しよう!― 動労総連合第33回定期全国大会 ― 3月ダイ改合理化・乗務員勤務制
月刊『労働運動』34頁(0346号00/01)(2019/01/01)


月刊労働運動 2019年01月号 目次

星野 勝紀(全国労組交流センター常任運営委員、全逓部会) 2018年、米・中の貿易戦争が武力衝突に転化してもおかしくない情勢の中で、帝国主義間の争闘戦はますます激化してきました。そうした情勢下で、安倍政権も遅れをとってはならないと、危機にかられた結果が改憲と働き方改革の推進でした。これは戦争をするためのひとつの攻撃です。 国鉄分割・民営化以来、新自由主義攻撃として貫かれてきたことは、改憲・戦争と民営化―労組破壊でした。戦後の終身雇用、年功序列賃金、企業内組合というあり方を根
月刊『労働運動』34頁(0346号01/01)(2019/01/01)

甦る労働組合
奪われてきた団結を取り戻し、2019年勝負の年へ!

結成30周年、改憲阻止で荒々しい階級闘争を復権しよう! ★2019年新年アピール田中 康宏(全国労組交流センター代表・動労千葉委員長) ◆結成30周年の節目の年  2019年は、全国労組交流センターにとって30周年という節目の年になります。激動情勢で全国労組交流センターの飛躍が問われていて、交流センター運動を発展させる年にしていきたいと思います。 全国労組交流センターが生まれたのは、国鉄分割・民営化が強行され、総評解散・連合結成の1989年でした。ナショナルセンターが解散す
月刊『労働運動』34頁(0346号02/01)(2019/01/01)


結成30年、改憲阻止で荒々しい階級闘争の復権を!

動労総連合の本格的組織拡大を実現しよう!  動労総連合は12月9日、千葉市・DC会館にて第33回定期全国大会を開催し、第3の分割・民営化攻撃、安倍政権の改憲・戦争攻撃と対決し、動労総連合の組織拡大で反撃する闘いの方針を確立した。大会は、梶ヶ谷代議員(千葉)を議長に選出して議事が進められた。 つかんだ可能性を発展させよう  冒頭、あいさつに立った田中委員長は、新潟、西日本、神奈川などを先頭に闘われている解雇撤回闘争が決定的に会社側を追い詰めていることを挙げ、「犠牲をグループ会
月刊『労働運動』34頁(0346号03/01)(2019/01/01)


動労総連合第33回定期全国大会
3月ダイ改合理化・乗務員勤務制度改悪粉砕!

(写真 9・10千葉県労働委員会闘争) 片峯 潤一(動労総連合書記・国鉄闘争全国運動事務局) 動労総連合は10月22日、国鉄1047名解雇撤回に向けて新たな行政訴訟を提起し、47人の大弁護団を結成しました。それは、安倍政権による「働き方改革」と称する労働基本権破壊の攻撃と一体の労働委員会解体攻撃との闘いです。 国鉄改革法との闘い  国鉄1047名解雇撤回闘争は、国鉄分割・民営化によるJR不採用=不当解雇をめぐって30年以上にわたり闘いぬかれてきました。それは戦後最大の労働運
月刊『労働運動』34頁(0346号04/01)(2019/01/01)


国鉄1047名解雇撤回闘争の新たな闘いに踏み出し、2・10国鉄集会へ!