国鉄/JR, 未分類

JR東日本は「運転士」「車掌」の職名を4月1日から廃止するといっています。私たちは反対します。

■「自動運転」導入で乗務員いらない?

そんなことはありません。鉄道業務は多くの乗客の命を預かる仕事です。どんなシス ...

入管・在日外国人との連帯

(写真は2・11デモの様子)

2月11日、合同・一般労働組合全国協議会、東京労働組合交流センター、外登法・入管法と民族差別を撃つ全国実行委員会の呼びかけで東京入管包囲デモが闘われた。国鉄千葉動力車労働組合をはじめ、東京、神 ...

医療/福祉

都立病院独法化反対 医療福祉部会ビラ改定

全国労働組合交流センター医療福祉部会ビラ(2020年1月28日発行号)

医療・介護・福祉現場に働く皆さん。地域の皆さん。
昨年末の12月25日、東京都は都立病院 ...

国鉄/JR

『月刊労働運動』2020年2月号掲載

 

 

政治和解から10年

国鉄1047名解雇撤回闘争をめぐる2010年4月の政治和解から間もなく10年です。
当時、政府と与党(民主 ...

関西地区生コン支部

 

『月刊労働運動』2020年2月号掲載

 

子年の幕開けである2020年1月1日10時、大阪城公園教育棟前には、大阪府警による関生支部への不当弾圧に抗議する元旦行動に、近畿各地 ...

民間/合同一般

『月刊労働運動』2020年2月号掲載

 

 

「24時間365日営業」のコンビニ経営の転換

2019年は、「24時間365日営業」が当たり前だったコンビニ経営のあり方への根底的批判 ...

教労

『月刊労働運動』2020 年2月号掲載

日教組香川発行の2020年1月号を見て驚いた。超長時間労働の問題について「給特法改正」「業務削減」「人員増」の「3つの矢」を放ってきたとの委員長の新春メッセージが掲載されている。さら ...

組合運動の基礎

白井 徹哉(合同・一般全国協議会事務局次長) 月刊労働運動2020 年2月号掲載

職場代表選挙を契機に職場組織化へ

来年度に向けて、多くの職場で職場代表選挙が行われると思いますので、今月、来月の2回、職場代表選挙や

関西地区生コン支部

以下、2月に行われた全国労働組合交流センター第27回定期全国総会における特別決議です。

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部に対して戦後最大の労働組合破壊の弾圧が吹き荒れている。一昨年7月から始まった弾圧は、大阪、 ...

甦る労働組合

中村 仁(全国労組交流センター常任運営委員、動労千葉書記次長)

33年前の国鉄分割・民営化攻撃は、労働者を差別分断し労働組合を屈服させ、資本主義が金儲けの手段として「戦争する国」を作るための改憲攻撃でした。

自民党国会議員が ...

目次

月刊労働運動 2020年01月号 目次(写真 「正月くらい休ませろ」コンビ二関連ユニオンが12・11本社前街宣後、記者会見)

◎甦る労働組合 改憲阻止! 安倍政権を打倒しよう! 労働者の未来をかけて、歴史を分かつ2020年決戦へ!

合同・一般

(写真 11・16集会後、全港湾を先頭にデモ出発)

11月16日大阪の西梅田公園で開催された関生弾圧粉砕の全国集会とデモの後、関生支部の執行委員3人の方と鈴木コンクリート工業分会の吉本伸幸書記長との交流会が行われました。その内容を抜粋し ...

特集, 闘い

※2020年新年アピール改憲阻止! 関生弾圧・JRの「労組なき社会」攻撃と非常臨戦態勢で闘おう!

田中 康宏(全国労組交流センター代表・動労千葉顧問)

★はじめに

2020年は資本主義体制が全面的に崩れ壊われていく年になるでし ...

甦る労働組合

甦る労働組合

改憲阻止! 安倍政権を打倒しよう! 労働者の未来をかけて、歴史を分かつ2020年決戦へ!

飯田 英貴(全国労組交流センター事務局長)

全国労働組合交流センターは2020年方針の第一の課題を改憲阻止に ...

動労千葉/動労総連合

片峯 潤一(動労総連合書記)

JRで開始されている攻撃との闘いは、全労働者の権利と未来のかかった重大な決戦になっています。「正社員」という存在を一掃して労働者の権利を根底から打ち砕く、「もう一つの改憲攻撃」との闘いです。