PhotoDocument 2018年◆1月◆

2019年7月31日

月刊『労働運動』34頁(0335号16/01)(2018/02/01)

PhotoDocument 2018年◆1月◆

三里塚反対同盟が旗開き

1・8千葉

1月8日、三里塚芝山連合空港反対同盟は新年デモと団結旗開きを行った。婦人行動隊の木内敦子さんが前半の司会を務め、最初に東峰の萩原富夫さんが「闘争宣言」を読み上げた。市東さんが「国とNAAの攻撃に対し、皆さんとともにこの1年を力強く闘い抜きます」とあいさつし、乾杯の音頭を取った。最後に太郎良さんの音頭で団結ガンバローを三唱。

住民避難訓練中止求め文京区申入れ

1・17東京

1月17日、「とめよう戦争への道!百万人署名運動」は、22日に文京区で行われようとしている「弾道ミサイルを想定した住民避難訓練」をやめさせるために、文京区と同区職員労働組合に対して、訓練の中止と非協力を求める申し入れを行った。区長宛ての要請文を渡すため、西川重則事務局長を先頭に9人で区の広報課と危機管理課を訪ねた。

動労西日本第12回定期大会

1・21広島

動労西日本は1月21日、広島市内で第12回定期大会を開催し、青年労働者と団結して第3の分割・民営化、戦争・改憲攻撃と対決する闘いの方針を決定した。経過報告に立った大江照己委員長は、JR西日本の来島達夫社長を弾劾し、「新幹線事故を始め各職場で安全問題が目に見える形で噴出している。尼崎事故を絶対に許さない。。隣の労働者に呼びかけて自分の職場で闘いをやろう」と発言。山田和広書記長が運動方針を提起した。組織拡大へ闘う大会となった。