全国各地で5・1メーデーに決起! 新宿メーデー、広島メーデー

2019年7月31日

月刊『労働運動』34頁(0339号03/01)(2018/06/01)

全国各地で5・1メーデーに決起! 新宿メーデー、広島メーデー

全国各地で5・1メーデーに決起!

5・1メーデーが各地で闘われた。既成労働組合が「改憲・戦争阻止」を掲げない中で、明確に「改憲・戦争阻止!働き方改革粉砕!」を掲げた集会とデモを貫徹した!

★新宿メーデー

 「9条改憲発議・戦争絶対反対!『働き方改革』関連法案をぶっとばそう! 安倍政権を倒そう!」を掲げた新宿メーデーが、5月1日に東京・四谷区民ホールでかちとられた。
 青年をはじめ250人が結集した。「戦争か革命かを問う歴史的情勢下で、今こそ労働運動をよみがえらせよう。『改憲・戦争阻止!大行進』運動が時代の最先端に躍り出る時だ。新宿メーデーをこの壮大な闘いの幕開けとしよう」 と、動労東京の吉野元久委員長が5・1新宿メーデーアピールを宣言した。集会には米シカゴの労働者から連帯メッセージも寄せられた。動労総連合と合同・一般労働組合全国協議会を先頭とする首都圏の闘う労働者・労働組合は、「改憲・戦争阻止! 働き方改革粉砕! 安倍打倒!」を掲げて、集会と新宿駅南口のJR東日本本社を直撃するデモを闘った。

★広島メーデー

 5月1日、動労西日本広島支部と広島連帯ユニオン、広島県労組交流センターの呼びかけで、「改憲・戦争絶対阻止!働き方改革粉砕!安倍政権打倒!5・1広島メーデー」が闘われた。
 昼前から行われた原爆ドーム前での集会には約40人が集まり、「MAY DAY」の文字に多くの外国人訪問者も注目した。
 広島連帯ユニオンの宮原亮執行委員が基調を提起し、南北会談と米朝会談をめぐる情勢に関して「韓国・民主労総を先頭とするろうそく革命が、南北分断体制を打ち破る闘いへ発展し始めた。これと連帯して安倍の改憲を阻止し、朝鮮戦争を始まる前に止めよう」と訴えた。そして、「一切は労働組合をめぐる攻防に国鉄闘争を軸に勝ちきることだ。5・1メーデーから改憲阻止の巨大な闘いをつくりだそう」と呼びかけた。