読者の声、編集後記、マンガ

2019年7月31日

月刊『労働運動』34頁(0294号12/01)(2014/09/01)

読者の声、編集後記、マンガ

読者の声 東京女性部総会の感想

 7月13日、東京女性部総会が、22人の結集で開催されました。
 今年は、特別報告を郵政非正規ユニオン晴海局の奥野さんにしていただきました。奥野さんは夜勤専門で数年勤務していたそうですが、夜勤の業務というのは日中で働くより3倍の労力を使うと聞いたことがあります。夜勤のみで女性が働くということがどれほどのものなのか、憤りを感じずにはいられませんでした。生涯働き続けることは出来ず、「使い捨て」にされるのです。(ジェコーの美和さんの事を思い出しました)
 でも、奥野さんはそんな中、毎朝仕事を終え職場から出て、交流センターの仲間がまくビラを欠かさず受け取り、帰りのバスの中でよく読んでいたそうです。そして、雇い止めの通告をされると、交流センターにすぐに連絡を入れたそうです。ビラの主張や内容でオルグされたこと、ビラまきを継続してやることの重要性を痛感しました。 
 奥野さんは、「これからも長い闘いになるけれど、自分だけの問題ではない」と決意を固めています。共に闘っていきたい。毎月1回の社前ビラ入れには、東京女性部も決起していきたいと思います。
 総会後、同じ会場で会員持ち込みの自慢の手料理を囲んで交流会を行いました。昨年に引き続きの試みでしたが、職場での闘いの報告や、ぶち当たっている事などを率直に出し合い、総会に引き続き有意義な交流ができました。
 今年度は学習会も開催し、職場での組織化にもつながれるよう取り組んでいきたいと思います。
(東京女性部 石田訓子)
 ———————————

■編集後記

「9・11決戦の郡山へ!」と呼びかける国労郡工支部の橋本光一さんの決意は、国労を変え、労働運動を変え、社会を変える意欲に満ちている。「安倍打倒」の声が満ちる中、今秋国鉄決戦へ全力を!(S)
 ———————————-

各地区の国鉄集会の日程(予定)

9月27日 埼玉
9月28日 茨城・長野・
      群馬
10月2日 東京西部
10月3日 東京東部・北部
10月4日 東京中部・三多摩・栃木・神奈川・静岡・山梨
10月 5日 千葉・東京南部
10月10日 宮城
10月11日 新潟
10月17日 関西・青森
10月19日 秋田・北陸・
      九州(福岡)
(東海は10月19日か26日)