月刊労働運動 2018年05月号 目次

2019年7月31日

月刊『労働運動』34頁(0338号00/01)(2018/05/01)

月刊労働運動 2018年05月号 目次

(写真 4・15朝鮮戦争は絶対反対!労働者はひとつだ! 「私を生きさせろ」関西入管集会に150人が結集)

◎甦る労働組合 泉佐野市議選に勝利し、安倍打倒へ! 改憲阻止大行進運動を発展させよう!

〔特集〕●東労組崩壊情勢―第三の分割・民営化と対決し組織拡大へ! ●「働き方改革」とはなにか(続)、関西生コン型労働運動について
★動労総連合第32回定期中央委員会 「東労組崩壊」情勢―第3の分割・民営化攻撃と対決し本格的組織拡大実現を!
CTSは大幅賃上げと抜本的労働条件改善を行え!
尼崎事故13年弾劾! 全国総決起集会に150人が結集!
※関西入管集会の報告 ゼネストと国際連帯で朝鮮戦争を止める! 赤田由行(大阪市職員労働組合)
※全国入管集会の報告 入管法と民族差別と闘うために労働組合が果たす役割とは何か 上田 豊(神奈川労組交流センター事務局次長)
※かねひろ弾圧との闘いに勝利! 労働運動への共謀罪先取り攻撃を粉砕したぞ! 山本美知子(かねひろ弾圧被告団)
理論なくして闘いなし 闘いなくして理論なし 第14回「働き方改革」とはなにか(続) 山本志都 弁護士
理論なくして闘いなし 闘いなくして理論なし 第15回 関西生コン型労働運動について 武谷新吾(関西地区生コン支部書記次長)

◎関西のたたかいの中から! 戦争・改憲のための組合破壊を粉砕したぞ 増田順計(日教組奈良市書記長)
◎『国鉄分割・民営化と闘って30年 労働運動の変革をめざして』を読んで 民営化にどう闘うべきかを示唆してくれる本だ! 大木勇次(東京交通労働組合員)
◎労働組合運動の基礎知識 第43回 メーデーと8時間労働制
◎闘う合同一般労組 吉本伸幸(東京西部ユニオン鈴木コンクリート工業分会書記長) 故田口組合員の不当解雇撤回を勝ち取った! 次は職場支配権の奪還と組織拡大だ!
◎ひめじょおん-女性部から 全国労組交流センター女性部第25回定期全国大会に結集しよう
◎労働者は一つ、敵も一つ №34 移住労組が新規移住労働者たちに入国宣伝戦
◎地平線-4・1三里塚闘争で新たな闘いの火ぶたを切った!
◎映画紹介『鉄くず拾いの物語』 ◎マンガ

(写真 ※表紙の写真は、4・22尼崎事故13年弾劾闘争で事故現場まで進むデモ隊。マンションはドームで覆われた。)