10・4神奈川国鉄集会報告

2019年7月31日

月刊『労働運動』34頁(0296号04/09)(2014/11/01)

10・4神奈川国鉄集会報告

国鉄闘争を軸に青年が結集!

10・4神奈川国鉄集会報告

 10月4日、「安倍打倒!戦争と民営化、非正規化と対決する10・4神奈川国鉄集会」が、131名の結集でかちとられました。国鉄闘争全国運動・神奈川結成集会から4回目、今年の国鉄集会は結集人数も全体のパワーもこれまでの集会を超え、11・2にむけた手ごたえをつかみました。参加者が次々と集まる中、「ソリダリティ」「POWER TO THEPEOPLE」青年による力強いライヴを皮切りに集会が始まりました。
 司会は、三浦半島教労部会の仲間。横浜自治体労働者の呼びかけ人あいさつの後、国鉄闘争全国運動・神奈川事務局長の二本柳実さんが集会の基調報告を行い、「本日の集会は、動労千葉のストライキという号砲にこたえ、神奈川の労働運動を11・2日比谷大結集で一変させる『新たな闘い』への跳躍台です」「国鉄闘争を軸に、戦争と民営化、非正規化と対決する労働運動をつくり出す闘いを、4大産別、とりわけ青年の決起を先頭につくり出しましょう」と訴えました。
 続いて特別アピールです。会場の圧倒的な拍手のなか動労千葉の田中委員長が登壇しました。今、安倍政権による丸ごとの民営化は社会を崩壊させ、戦争へと突き進んでいる。「動労千葉は、国鉄分割・民営化以来27年間、民営化・非正規化に異議を唱え立ち向かってきた」と、JR本体と外注先の検修部門41名がストに立った10・1の闘いを通して、民営化・非正規化は阻止できることを鮮明にしました。そして民営化・非正規化がもたらした現実はJRだけでなくすべての職場にあり、怒りを一つの団結した力に変えていく、それが労働組合の役目だと強調しました。
そして「7・1で労働者階級が反撃に転じる情勢を迎えている。9・25判決から最高裁決戦に勝利し、闘う労働組合を再生する全体の動きを一つにまとめたい。戦争をしようとしている時代を転換させる11・2に結集しよう」と力強く訴えました。
 婦民全国協相模原支部からカンパアピールが行われ、田中委員長のアピールで会場全体の集中度が高まる中、闘いの報告と決意表明に入りました。組合権力戦を闘う三浦半島教組の仲間を先頭に、動労千葉を支援する会として横浜自治体と横浜全逓の労働者から、また病院労組、湘北合同労組、合同労組かながわから、そして反原発・保養に取り組んでいる仲間が登壇し、10万筆署名を軸としながら職場・地域での闘いが前進していることが報告がされました。
 青年の演奏で「ソリダリティ」の合唱をはさみ、闘う国労原告団の成田昭雄さんが、「11・2へ安倍政権、資本への怒りをすべて結集しよう」と鮮明に訴えました。そして呼びかけ人の伊藤晃さんは、「署名の中で、何かを言いたい、何かを感じている、それを何らかの形で表したい、それが7万筆になっている。議論が広がっている。10万筆を達成し、それをもって11・2にまた会いましょう」とまとめを結びました。戦争か革命かの時代に、神奈川の地で、国鉄闘争が結集軸になって新しい人たちが決起し始め、多くの青年が結集し、熱気と活気ある集会をかちとることができました。11・2神奈川500人結集は可能だという確信をつかむことができた大きな跳躍台となりました。
 (国鉄闘争全国運動・神奈川)