10・4栃木国鉄集会報告

2019年7月31日

月刊『労働運動』34頁(0296号04/12)(2014/11/01)

10・4栃木国鉄集会報告

階級的労働運動の発展へ前進

10・4栃木国鉄集会報告

 10月4日、宇都宮市で国鉄集会を開催しました。こういう集会には初めて参加するという労働者も結集し、成功しました。
 集会は、最初に9・11郡山闘争のビデオ上映を行い、あらためて「外注化阻止」の闘いが郡山工場の労働者の圧倒的合流のもとで闘われ、JR労働者のみならず、全労働者を獲得しつつあることを参加者全員が確認しました。
 メインの講師は、動労千葉を支援する会事務局長の山本弘行さんに行っていただきました。山本さんは、資料も含めて10数枚に及ぶレジュメを作成してくれました。1998年5・28反動判決(不当労働行為があったとしてもJRに責任はない)から始めて、この間の動労千葉鉄建公団訴訟を通じて暴かれてきたJRと国鉄が一体となって行っていた不当労働行為と、裁判所を追い詰めてきた動労千葉自身の闘いと、署名運動の力について折々の資料も交えながら、とても鮮明に提起されました。そして、「7・1情勢」のもとで、6・8国鉄集会から9・11郡山闘争、そして何よりも動労千葉の10・1ストライキの歴史的意義をはっきりと提起してくれました。講演を通じて、国鉄闘争そのものの圧倒的展望を確信させるものでした。まさに「胸を張って」(山本さん提起)、この間の闘いが確認できました。
 参加者からは、正規職、非正規職の分断を克服する現場での生々しい闘いの報告なども行われ、これまでに県内でも約1千筆近い署名が集まっていることを踏まえ、さらに2千筆をめざして闘うこと、何より当面の11・2集会に全力結集しようということが参加者全体で確認されました。
 栃木での階級的労働運動の発展にとって決定的な闘いとして集会が実現できたと思っています。