新大阪局雇い止め絶対反対!一人の解雇も許さないぞ!

2019年7月31日

月刊『労働運動』34頁(0301号16/01)(2015/04/01)

新大阪局雇い止め絶対反対!一人の解雇も許さないぞ!

新大阪局雇い止め絶対反対!一人の解雇も許さないぞ!
解雇撤回に向けて、ストライキ(3/16)を打ち抜いたぞ!

 日本最大級の郵便の集配拠点である新大阪局で、解雇攻撃が始まっています。
 3月16日「関西合同労組新大阪局分会のU組合員に対する雇い止めを許さない! 絶対に阻止する! ストライキで闘う!集会」が当該組合員と分会が先頭となって闘われた。支援をはじめ65名の結集で、新大阪局前を制圧し、弾圧を伺う当局を圧倒した。
 当該のU組合員は、「労働者を使い捨てにする郵政の体質を許さない。すべては民営化で一変した。金儲けばかりだ。局内の事故もそうだ。ブラック企業そのものだ。自分への解雇攻撃は、自分だけではない。自分は防波堤となって闘う。団結して闘おう。この闘いを全国に波及させて闘おう」と力強くアピールした。
 続いて分会員からの発言。
「3年前、雇い止め通告を受けた。組合を結成して闘ってきた。今回の雇い止め通告を絶対に許さない」
 「職場の異動の要求を、理由もなく拒否している当局は許せない! みんなの力を結集して闘おう!」
 「局ではパワハラが蔓延している。パレットの置き方が違うと濡れ衣を着せられ、管理職に3時間も対話と称して恫喝された。パワハラを許してはいけない」
と、分会員が次々と当局への怒りを叩きつけた。絶対反対で団結を拡大していけば必ず勝利できる!(関西労組交流センター全逓部会ビラより抜粋)
 —————————————————–

■編集後記
 「私の職場」という新しいコーナーができた。全国各地のあらゆる産別・職場の実態をつかみ、そこで格闘する労働者の声を届けていきたい。会員のみなさん、ぜひご協力をお願いします。(S)