関西のたたかいの中から!「常識をくつがえす闘いをやろう!」

関西のたたかいの中から!

「常識をくつがえす闘いをやろう!」

(写真 講師の赤田由行さん)
(写真 10・7「会計年度任用職員制度とは何か」学習会)

会計年度任用職員制度に絶対反対の学習会を開催 関西労組交流センター

「会計年度任用職員制度とは何か」の提起

10月7日、大阪市内で関西労組交流センター主催の「会計年度任用職員制度とは何か」の学習会を行いました。この制度とどう闘うのか、自治体労働者を中心として活発な討論を行い、闘いの方向性をはっきりさせることができました。中心的な発言を紹介します。
提起者は大阪市職の赤田由行さんと奈良の現業労働者の仲間が行いました。
赤田さんは「今、自治体労働者の3人に1人が非正規労働者。地方公務員法は正規雇用を原則としているが、その法の抜け穴を使って、非正規労働者が増やされてきた。会計年度任用職員制度の狙いは①正規の非正規職化であり、②非正規労働者からの労働組合のはく奪であり、③解雇の自由化。裁判では『期待権』が生じるから解雇不当となるという判例が出ている中で、『期待権が生じる前に首を切れ』と、会計年度ごとに首を切る制度を導入してきた。労働組合が今こそ問われている。『任期切れは雇い止めであり、試験制度そのものに反対だ』と、今までの常識をひっくり返す闘いをやろう」と提起しました。

(写真 10・7「会計年度任用職員制度とは何か」学習会)

質疑応答で活発に討論し展望が明らかに

質疑応答で、会計年度任用職員制度は「1年で解雇、試験・評価で首を切れる制度」とはっきりさせようと、改めて再確認しました。
奈良の現業労働者は「会計年度任用職員制度に先駆けて、奈良市が高齢の臨時職員の解雇攻撃をかけてきた。当該が組合に結集して、一夜にして解雇をひっくり返した。絶対反対の職場の団結があれば、解雇攻撃を打ち破れる」と報告しました。
討論に入り、関西自治体労働者部会代表で豊中市職の深町さんが発言しました。
「この制度の目的が何かをはっきりさせることが大切。会計年度任用職員制度のねらいは、公務員の全非正規と、労働組合つぶし。労働組合があったから当局と職場で対等にわたりあってきた。これがあったら戦争も改憲もできない。安倍政権にとって、待ったなしの攻防。議会にかけてこの制度を条例化したが、本番はこの秋。具体的な攻防になる。自治労本部は、非正規の労働条件問題に話をすり替えている。『フルタイム』退職不補充で一気に進めていこうとしている。赤田君の提起で大切だと思ったのは『常識をひっくり返す闘いをやる』ということ。自治体労働者は『任期満了で雇い止めは仕方がない』と思わされてきた。解雇を見据えることができないようにされてきた。しかし、奈良の下水道民営化・清掃非正規解雇の裁判で『任用は雇用とどこが違うのか。同じじゃないか』とはっきりさせた。解雇撤回で闘うのは当たり前と、今までの常識をひっくり変えそう」
さらに、動労西日本近畿支部の橘さんが、国鉄闘争と関生弾圧から会計年度任用職員制度との闘いの展望を示しました。
「国鉄1047名解雇撤回闘争はなぜ生まれたのか。国鉄分割・民営化は『去るも地獄、残るも地獄』と言われた。闘っても闘わなくてもたたきつぶすという攻撃だった。闘う以外ないと立ち上がった。
今、すべての労働者を非正規にして団結させない攻撃がかけられてきた。後がない攻撃。絶対に決起が始まる。関西生コン支部への弾圧も同じです。闘わなかったら生きられない。必ず不死鳥のように現場から闘いが起こる。そのことを確信して、現場で日々訴えていこう」
奈良の現業の非正規労働者が「私はこの制度のモデルケース。ワーキングプアのままで毎年4月に首切りのチャンスを当局に与える。労働組合に入っていることがマイナス評価となる。説明会では、正規職員の分限免職の説明文が配られた(解雇の恫喝!)。向こうこそ焦っている。ぶれることなく闘える。のびやかにやろう」と発言。 第3章 関生弾圧を粉砕し、11・3全国労働者集会へ!
最後に、関西労組交流センターの木下浩平代表がまとめの発言をしました。
「改憲・戦争の時代とはっきりさせよう。そこからこの攻撃を見よう。安倍政権は自治労・日教組をぶっつぶすと宣言して登場した。労働組合をつぶすことに全力をあげている。関西生コン弾圧の攻防と一体だ。団結さえつぶされなければ、勝利なんだということです。われわれがぶれずに真っ向から勝負していこう。10・22天皇即位に絶対反対して扇町公園での集会・デモを闘い、11・3全国労働者総決起集会に立ち上がろう」と訴えて、学習会を終えました。
関西では、この10・7学習会をひきついで、11日には関西生コン支部弾圧弾劾・大阪市役所包囲デモをやりました。
そして、14日に改憲・戦争阻止!大行進・関西結成一周年集会(港合同の中村委員長、大阪軍港化反対闘争の歴史を語る)をやり抜き、11・3集会へ向かって闘い抜いています。

(写真 10・11関西生コン弾圧弾劾デモ

自治体

Posted by kc-master