8・5医療福祉労働者全国交流集会in ヒロシマの案内

2019年8月1日

20110806iryou_flyer_reviced2.pdf

iryou86hiroshima.bmp


と き:8 月5 日(金)午後2 時
ところ:広島市東区民文化センター
             大会議室
    (広島市東区東蟹屋町10-31)
■ 全国労働組合交流センター 医療・福祉労働者部会
〒111-0041東京都台東区元浅草2-4-10 五宝堂伊藤ビル5F
■ 広島現地連絡先
高陽第一診療所労働組合/広島市安佐北区落合1-14-9 TEL (082)842-1177
森末一義(高陽第一診療所労働組合 執行委員長) TEL 090-6830-2996
 世界大恐慌とそのもとで起きた3.11 大震災・原発大事故は、私たちが生きていくためには、新自由主義・資本主義を一刻も早く打倒しなければならないということを改めてはっきりさせました。史上前例のない放射能汚染の拡大のもとで、被
災地の人々は家も仕事もふるさとも奪い去られました。原発事故現場では使い捨て前提の非正規労働者が殺人的被曝を強制されています。職と住を奪った津波被災、医療・福祉破壊、原発事故は、すべて資本・権力の犯罪だ!これ以上労働者・農
民・漁民が殺されてたまるか!
 3.11 から4 ヵ月余り、被災地の民衆を先頭に、労働者・農民・漁民は文字通り生き抜くための闘いを力強く開始しました。6.11 全国・全世界200 ヵ所以上で闘われた反原発100 万人アクション、そしてその怒りのエネルギーを被災地フクシマで大爆発させた6.19 怒りのフクシマ大行動、さらにこれらすべての闘いの先頭に労働運動・労働組合がしっかりと立つことを宣言した国鉄闘争全国運動の6.5 全国集会───6 月、そして7 月の激しい闘いは菅政権、日本経団連、そして体制内御用組合を追いつめてきました。この支配の危機をのりきるために、彼らは労働者階級の怒りが革命となって爆発することを絶対に止めるという一点で連合しています。菅首相の「脱原発」宣言など、あらゆるペテンを弄して、労働者階級の怒りのエネルギーの爆発をおさえようとしているのです。
 すべての原発をいますぐ止めろ! 大恐慌下の「3 .11」のもとでさらに激しさを増す大失業・賃下げ、生活破壊を絶対許すな!───6.5-6.11-6.19 に登りつめた労働者階級の闘いは、革命に行き着くまでは絶対に収束することはありません。
莫大な規模で革命的行動への決起を開始している労働者階級人民の中で、私たち医療・福祉労働者こそその闘いの先頭に立とう。闘う労働組合の再生に徹底的にこだわり、生きぬくための団結を組織して闘おう!医療・福祉現場から反合理化・安全闘争で闘う労働組合を甦らせよう!
 核も原発もない社会へ。人類の未来を決する今夏8.6 ヒロシマ大行動と、これに先立つ8.5 医療福祉労働者全国交流集会に、全国から結集しよう。