2・15国鉄集会の報告 東北

2019年7月31日

月刊『労働運動』34頁(0301号05/02)(2015/04/01)

2・15国鉄集会の報告 東北

反原発闘争への弾圧打ち破り110人が結集!

 2月15日、東北の国鉄集会、「戦争と首切りを許すな!労働組合の力で安倍を倒そう!国鉄集会in郡山」は、110人の結集で、元気いっぱいの集会として開かれました。青森、秋田など東北全県、そして動労水戸からも仲間が駆けつけました。
 開催県福島にとっては、2・3福島大学での反原発運動つぶしのでっちあげ弾圧、「3・11反原発福島行動’15」実行委員会の事務局A君の不当逮捕との攻防の渦中で、「2・8命と安全を守る 被曝させない! いわきデモ」、「2・14不当逮捕弾劾 福島県警直撃デモ」と連続した決起となりました。
 集会は、福島の自治労と非正規の青年労働者2人の司会で始められました。国労郡山工場支部の橋本光一書記長が主催者あいさつし「課題の第一は、安倍政権の原発推進と中東侵略戦争への参戦に、階級的労働運動の前進で立ち向かう。第二は、国鉄闘争を発展させ、階級的労働運動を職場に確立する。第三は、動労千葉、動労水戸のような闘いと組織を全国につくり出していく」と鮮明に提起しました。
 続いて、動労水戸の辻川慎一副委員長が特別報告を行い「現在の中東情勢におけるイスラム国やアルカイダは帝国主義の暴力支配が生み出したものであり、労働者の決起とマルクス主義こそ共同性を破壊し尽くす帝国主義を変革することが出来る」と確信に満ちて提起しました。そして、被曝労働拒否の闘いを報告し、当局による組合つぶしや団結破壊攻撃の数々を怒りを込めて弾劾し、「動労水戸の闘いは当局のもくろみを完全に粉砕し、次世代を担う素晴らしい青年労働者を組合に獲得し、展望をつかんでいる」と勝利感に満ちて報告しました。
 次に動労水戸支援共闘事務局の斎藤貴広さんから入会の案内と3・15結成集会への参加が呼びかけられました。
 続いて、闘いの報告と決意が、青森・南部バス労働組合、ふくしま合同労組、自治体労働者(仙台市職労)、教育労働者(宮城県教組)、JP労働者(仙台)、全金本山労働組合、無実の星野文昭さんを取り戻す会(秋田)、婦人民主クラブ全国協議会(福島)、全学連(福島大学生)、3・11反原発福島行動実行委員会から熱く述べられました。
 司会の「聞いているだけでなく、感想を」という提起に、初めて参加した青年労働者が「他労組の人の話が聞けて勉強になった」(南部バス・女性)、「自分もこうした闘争に参加していきたい」(福島・介護職)と会場から感想が述べられました。
 「9・6徳島刑務所包囲闘争に決起し、国鉄闘争の力で無実の星野さんを取り戻そう!」の決議を全体で確認し、まとめと団結がんばろうを、福島県労組交流センター代表、NTT労働者の渡辺馨さんが行いました。「①動労総連合を全国に!②動労水戸支援共闘の結成を全力で!③3・14JRダイヤ改定阻止、全面外注化阻止!④3・11反原発福島行動’15への結集を!」と簡潔に提起し、団結がんばろうで集会を終えました。
 集会後、郡山駅前から中心市街地をまわり駅に戻るデモを、吹きつける雪をものともせず、多くの市民の注目の中、行いました。
 (福島県労組交流センター運営委員・高橋俊一)