戒厳体制を打ち破ったデモ 街の空気は一変

2019年8月28日

月刊『労働運動』34頁(0353号07/01)(2019/08/01)

戒厳体制を打ち破ったデモ 街の空気は一変

戒厳体制を打ち破ったデモで街の空気は一変!
冨山 小太郎(関西労組交流センター事務局)

全国労組交流センターは改憲・戦争反対で闘おう!

6月28日と29日、大阪では主要20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)が開催されました。関西労働組合交流センターでは、「戦争と民営化のためのサミットはいらない!」と議論して、大阪市扇町公園で「G20サミット粉砕!6・28扇町公園集会」を開催して、サミットを迎え撃つことにしました。
集会は150人の結集でうちぬかれ、当日は、マスコミ5社が取材に訪れるほどの大注目で、改めてサミットに対する労働者人民の怒りの深さを感じることができました。
労働者・市民は誰ひとりG20サミットなど支持も歓迎もしていません。サミットのために、大阪市内はもとより関西全域が警察官3万人を超える戒厳態勢で、息も詰まる状況でした。何よりも、全日建運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生支部)への弾圧です。関生支部の仲間は、取り調べ中に「サミットまで出さない」と言われたそうです。この一点を見ても、G20大阪サミットと労働組合は絶対に相容れないことがハッキリしています。
サミットは会議の内容が許せないだけではありません。サミットを通じて、「国策会議なのだから、市民の生活が規制されるのは当然」という状況を作り出すことそのものが、戦争国家体制づくりなのです。サミット開催中は、通行止め、検問に加え、迎賓館の警護と称して大阪城全域が封鎖され、警察官がまるで「犯罪者」かのように市民を監視していました。これは、自民党の改憲4項目にある、緊急事態条項の先取りです。
こうした戒厳態勢を打ち破り、「反対していいんだ!」と街の空気が一変するような、闘いこそが求められていました。6・28扇町集会とデモは、この怒りに火をつける決定的な闘いです。
集会では、関西労働組合交流センター代表・深町加代子さんが基調報告を行い、G20サミットは戦争会議であることを暴露・弾劾しました。続いて、八尾北医療センター労働組合、高槻植木団地労働組合、全学連、大阪市職・赤田由行さん、動労西日本・山田和広書記長が決意表明しました。関西全体で進めている「改憲・戦争阻止!大行進」の闘いを中心に、どの発言も地域の闘いが圧倒的に前進していることを感じさせるものとなりました。
参院選を経て、安倍政権は改憲と戦争に向けて、ますます突き進んでいます。全国労組交流センターがこれと真正面から闘いぬき、地域の団結を甦らせるときです。職場や地域の団結にこだわって、関西からも全力で11月集会に攻め上る決意です。11・3全国労働者集会に労働者1万人の大隊列を登場させ、戦争と改憲を絶対に止めましょう!

=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*

G20サミット粉砕!6・28扇町集会の基調報告

現在大阪には「史上最大」と言われる3万人もの警察官が配備され、市民を監視しています。保育園も小学校も中学校も閉鎖され、大阪城はサミットに参加する要人の観光のために市民も観光客も排除されてしまいました。阪神高速は封鎖され、物流が止まっています。御堂筋も目の前の扇町通りも、車がまばらにしか走っていません。こんな光景は初めてです。
また、私たちの仲間である関生支部に対しても、弾圧が続いています。つい10日前には新たに11人の仲間が不当に逮捕されました。完全にサミットのための政治的な弾圧です。
国家のためには、逮捕をほしいままにし、市民生活がどれだけ制限されてもかまわない。これこそ戦争体制づくりそのものです。

G20サミットは戦争会談

G20は保護主義と戦争を際限なく進める戦争会談です。2017年にドイツで行われたサミットでは、米トランプ大統領と独メルケル首相が激しく対立し、全世界が保護主義に舵を切りました。また、昨年アルゼンチンで行われたサミット直前には、アメリカは中国のファーウェイの幹部を逮捕させ、これを機に米中対立は決定的に強まっていきました。
大阪サミットでも、安倍は20人の首脳のうち韓国の大統領とだけは会わないと明言し、排外主義をむき出しにしています。
こんな戦争会議は粉砕あるのみです。

労働組合が闘って戦争を止めよう!

サミットのビラには「大阪で、世界の未来をつくる」と書いてあります。資本家や政治家の描く未来とは戦争でしかありません。新自由主義が行き詰まり、経済が崩壊する中で、戦争をやってでも金もうけをしようというものです。
アメリカがイランに対して軍事作戦を計画し、実行の10分前に取りやめたことが明らかになりました。本格的に戦争情勢が進んでいます。ですが、戦争は私たち労働者が職場から立ち上がれば、絶対に止めることができます。
かつて、アメリカのレーガンとイギリスのサッチャー、日本の中曽根がサミットに集まって、民営化と戦争のための共同宣言を発表しました。この3人が必死にやったことは労働組合の破壊です。中曽根が「国鉄分割・民営化で総評をつぶして改憲をする」と言ったように、戦争や改憲は労働組合を破壊することなしにはできません。
しかし、労働者はこんな攻撃に屈服するような存在ではありません。国鉄分割・民営化に対しては、動労千葉を先頭に国鉄労働者が必死に闘う中で、労働組合の団結を守り抜いてきました。この力があれば、サミットも戦争も吹き飛ばすことができます。

改憲・戦争を阻止しよう!

安倍政権は7月参院選挙に向けて、本格的に改憲に突き進もうとしています。自民党の改憲4項目の中にある「緊急事態条項」とは、今の大阪市のような状況を、首相の一声でいつでもつくり出せるということです。
安倍を打倒し、改憲と戦争を絶対に止めましょう。昨年、関西で立ち上がった改憲・戦争阻止!大行進の闘いが本格的に進んでいます。地域にあふれる怒りをひとつにして、戦争と改憲を阻止しましょう!
戒厳態勢を打ち破るデモを、明るく元気にやりましょう! そして11月労働者集会に仲間を組織して闘い抜きましょう!