PhotoDocument 2016年11~12月

2019年7月31日

月刊『労働運動』34頁(0322号13/01)(2017/01/01)

PhotoDocument 2016年11~12月

韓国民衆ゼネスト連帯行動

11・30東京
「韓国革命に続こう!」「日本でもゼネストを実現しよう!」。韓国・民主労総が「パククネ即時退陣」を掲げて歴史的な政治ゼネストに突入した11月30日、東京・渋谷で、全国労組交流センターと全学連、動労千葉国際連帯委員会が呼びかける国際連帯デモを200人が行った。全国各地でもデモなどの行動が取り組まれた。

三里塚で緊急現地闘争

12・4千葉
12月4日、三里塚芝山連合空港反対同盟が呼びかける三里塚緊急現地闘争が、全国から労働者、農民、学生、市民250人が結集して闘われた。晴天に恵まれたこの日午後1時、反対同盟は成田市天神峰の市東孝雄さんの畑の前に集合。その一角に立つ「強制収用実力阻止」と新たに書き換えた看板の前に並んで拳を突き上げ、闘魂を示した。

羽越線事故11か年弾劾闘争

12・25新潟
動労総連合・新潟と新潟地域一般労組は、死者5人・重軽傷者33人を出した羽越線事故から11年目の12月25日、新潟駅前でJR東日本弾劾行動に立った。組合員がマイクを握り、「羽越線事故の原因は突風ではない。民営化による営利優先が原因」「JRは反省していない」と弾劾、第2の分割・民営化との闘いをアピールした。