10・5千葉国鉄集会報告

2019年7月31日

月刊『労働運動』34頁(0297号03/05)(2014/12/01)

10・5千葉国鉄集会報告

動労千葉、ちば合同労組、交流センターが一体で、闘う労働組合をつくり出す!
10・5千葉国鉄集会報告
 「パワハラや賃下げ、そしてブラック企業に対して、みんなすごく闘っていることを実感した」「国鉄決戦は労働者階級を一歩一歩獲得している」「新しい人が参加しているのを見て、われわれも変わらないといけない」・・・・・・。
 11・2全国労働者総決起集会が終わっても感想や議論はとまりません。例年以上に中身の凝縮した集会でしたが、自分たちの職場や地域で組合(拠点)をつくることと、国鉄1047名の解雇撤回・外注化阻止の闘いが一体で進んでいることを誰もが実感したのではないでしょうか。日比谷野音を埋めた人の数は「これだけたくさんの仲間がいる」と確信したし、韓国・アメリカ・ドイツの労働者の「巨大な」闘いも、「どうやって団結を作るか」が中心で、非常に参考になりました。
 11・2全国労働者総決起集会へむかう過程で「安倍政権打倒10・5千葉県労働者集会」を130人の結集で開催しました。
 「10・5千葉県国鉄集会」は、国鉄1047名解雇撤回・外注化阻止を闘う動労千葉と、「牛丼のすき家」でストライキを闘ったちば合同労組の呼びかけで開催しました。千葉での労働者集会は数年ぶりであり、2労組呼びかけで行うのは初めてです。「動労千葉を支援する会」が中心になって、7月から千葉県全域の労組回りや毎週の街頭宣伝を行って、当日を迎えました。
 集会では、主催者あいさつをちば合同労組と動労千葉から行い、動労千葉の組合員も解雇撤回、外注化阻止の決意を表明しました。動労千葉のCTS(外注先の千葉鉄道サービス)の組合員が初めて登壇し、「偽装請負と闘う動労千葉は生きる希望」と語りました。
 また、パワハラ・解雇攻撃に勝利して職場争議を闘うちば合同労組の分会や組合員、さらに医療・福祉、郵政や自治体の労働者から組合結成や多数派への挑戦などの発言があり、次々と新しい闘いや組合結成へ動き始めていることを実感しました。
 三里塚芝山連合空港反対同盟、裁判員制度に反対する千葉県実行委員会、原発なくせちばアクション、ちば・星野文昭さんをとり戻す会も参加、発言しました。労働組合が軸に座り広汎な陣形ができたことは大きいです。
 実は、それに先立つ9月14日に千葉労働組合交流センターの総会が行われ、会員から「県内すべての労働組合を組織して、7・1情勢に切り込んでいこう」「動労千葉、合同労組、交流センターがもっと一体で組織していこう」と、交流センターの組織方針の弱さや現状を厳しく憂慮する意見が相次ぎました。
この間オルグして、集会や討論に組織できなかった組合や仲間が膨大にいるわけですが、これから毎月予定している「職場交流会」では、成功例も失敗例もどんどん出し合って仲間や単組を組織していく力をつけていきたい。動労千葉・ちば合同労組・労組交流センターの「3本の矢」は安倍政権にドリルで穴を開けはじめた。頑張ってきましょう。
 (千葉労働組合交流センター 綿貫透)