特集の最近のブログ記事

2018年12月 1日発行 第0345号

階級的労働運動を再生・復権していく出発点を作り出した 白井 徹哉(国鉄闘争全国運動事務局長) 国鉄闘争と関生支部弾圧粉砕  11月4日、関西生コン支部、港合同、動労千葉、国鉄闘争全国運動、改憲・戦争阻止!大行進の5団体の呼びかけによる11・4労働者集会が開催され、4800人が集まりました。集会冒頭に関西生コン支部への弾圧を許さない集会決議を読み上げ、全体で確認。海外から韓国・民主労総ソウル本部26人、台湾桃園市産業総労働組合の2人が参加しました。東京過労死を考える家族の会が「
月刊『労働運動』34頁(0345号02/01)(2018/12/01)


11月労働者集会、改憲阻止1万人大行進の報告
※11・4集会の総括と今後の課題

 11月4日、関西生コン支部、港合同、動労千葉、国鉄闘争全国運動、改憲・戦争阻止!大行進の5団体の呼びかけによる11月労働者集会が、全国から闘う仲間4800人を結集して日比谷野音で開催された。今年の11月労働者集会は、臨時国会での改憲発議を許さない、関西生コン支部への共謀罪型弾圧をはじめ労働組合破壊攻撃に反撃する集会として勝ち取られた。 安倍は、10月24日の所信表明で今臨時国会で憲法審査会に改憲案を提示することを宣言した。入管法を改悪し、国民投票法改定で公明党などを抱き込
月刊『労働運動』34頁(0345号02/02)(2018/12/01)


ストップ9条改憲発議!労働大改悪・総非正規職化と闘おう!改憲・戦争に向けた労働組合の破壊を許すな!
11・4全国労働者総決起集会4800人が結集!

(写真 民主労総と共にデモ行進する動労千葉訪韓団)  11月10日、韓国・ソウルで民主労総全国労働者大会が開催され、6万人が結集しました。90人を超える動労千葉訪韓団は、民主労総ソウル地域本部とともに11月10~12日の訪韓闘争を闘いました。 ●11月10日 労働者大会  労働者大会は、「積弊清算・労組する権利・社会大改革」を掲げる11月ゼネストを宣言する場として闘われました。 労働者大会は、パククネ政権を打倒して力関係を大きく転換した中で闘われました。集まった労働者たちは
月刊『労働運動』34頁(0345号02/03)(2018/12/01)


韓国民主労総 11・21ゼネストへ 労働者大会に6万人! 動労千葉訪韓団として共に闘った
※11・10~12訪韓闘争報告 片峯 潤一(動労総連合書記)

(写真 チャジンガク団長) (写真 日韓理念交流する参加者)  11月5日千葉市内で日韓労働者理念交流が行われました。理念交流は、2008年ソウル本部の要請から始まり、今年で11年目となります。組織拡大にむけて民主労総から学ぶ意義深い交流でした。(敬称略・文責は編集部)○司会(動労千葉大竹副委員長) 理念交流会を始めていきたいと思います。通訳は、金元重先生と沖山さんです。 ※講演 ●チャジンガク団長(民主労総ソウル本部・訪日団団長)  2018年下半期韓国情勢と民主労総の闘
月刊『労働運動』34頁(0345号02/04)(2018/12/01)


2018年日韓労働者理念交流の報告 ★11・5日韓労働者理念交流
日韓労働者が組織拡大にむけて真剣に議論し、交流を深めた

2018年11月 1日発行 第0344号

(写真 労組交流センターと全学連は10・24開会日に国会前に登場。「改憲阻止・安倍打倒」の闘いに決起)川添 順一(「改憲・戦争阻止!大行進」事務局・とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局) 「改憲・戦争阻止!大行進」事務局の川添順一さんから、11月以降の闘いについてアピールを寄せていただきました。「改憲・戦争阻止!大行進」が全国各地で着実に結成 3月25日に発足した「改憲・戦争阻止!大行進」は、10月末現在で12の都道府県で実行委員会が結成され、その都道府県の中では複数の地
月刊『労働運動』34頁(0344号02/01)(2018/11/01)


特集 「改憲・戦争阻止!大行進」運動を発展させ、改憲阻止・安倍打倒へ!
安倍の危機と私たちの勝利的地平を伝え、改憲阻止・安倍打倒へ!

2018年10月 1日発行 第0343号

全国金属機械労働組合 港合同 中村 吉政 委員長 全国金属機械労働組合港合同の中村吉政委員長から11月労働者集会1万人結集へのアピールをいただきました。関西生コン支部への弾圧粉砕! 今年の11月集会は、これまでの方針に加え、新たに全日建連帯労組関西地区生コン支部への大阪広域協同組合一部役員らと、民族主義を標榜(ひょうぼう)し、広域協同組合の先兵となって労組破壊の宣伝活動を行うレイシスト集団と闘う決意を明らかにする集会になる。 かつて1971年春闘時、当時の全金細川鉄工支部を壊
月刊『労働運動』34頁(0343号02/01)(2018/10/01)


★「改憲・戦争阻止!大行進」運動を発展させ、11月労働者集会へ!
たたかう労働組合の新たな潮流を!
港合同 中村委員長

2018年9月 1日発行 第0342号

(写真 8・10滋賀県警の不当捜査へ抗議声明を発表) 関西地区生コン支部 武谷新吾 書記次長 関西生コン支部の産業別運動つぶしは改憲と一体の攻撃だ! 関西生コン支部の産業別運動つぶしは、資本と権力が一体となった攻撃  関生支部への弾圧は、資本と権力が一体となった産別運動つぶしです。権力の狙いは、産業別労働運動をつぶすこと。反戦・平和を掲げ行動する労働組合をつぶすことが最大の目的なのです。 関生支部はこの間、長年にわたって生コン業界における産業政策運動を展開してきました。 大
月刊『労働運動』34頁(0342号02/01)(2018/09/01)

労組破壊粉砕の職場の地道な闘いが11月1万人結集の力

2018年8月 1日発行 第0341号

(写真 7・1国鉄集会で発言する田中委員長) 労働組合解体と改憲は表裏一体の攻撃だ! 8月の闘いを成功させ11月集会の本格的組織化へ! 田中 康宏(動労千葉委員長) 7月23日に行われた「改憲・戦争阻止!大行進」と「11月労働者集会」の共同 実行委員会での動労千葉の田中康宏委員長の発言を掲載します。 はじめに  11月労働者集会の成功に向けて、改憲・戦争阻止!大行進運動と共同の実行委員会を開催しようと考えました。今回は東京・関東レベルでの議論ですが、今日の議論にも踏まえて大
月刊『労働運動』34頁(0341号02/01)(2018/08/01)


★改憲と労組破壊許さず11月集会の成功へ!
11月集会は、労働者集会と改憲阻止!大行進を一体で闘おう!

2018年6月 1日発行 第0339号

(写真 2017年6月国鉄闘争全国運動集会) 改憲阻止の先頭に国鉄闘争の旗を掲げよう! 国鉄1047名解雇撤回! 白井 徹哉(国鉄闘争全国運動事務局長)  東京・江戸川区総合文化センターで7月1日、国鉄闘争全国運動の呼びかけで全国集会を開催します。 2010年の旗揚げ集会から9回目の全国集会です。国鉄闘争全国運動は、1047名解雇撤回闘争の絞殺を狙う2010年「4・9政治和解」の大反動に抗して「国鉄闘争の火を消すな!」を合い言葉にしてスタートしました。当時としては圧倒的に困
月刊『労働運動』34頁(0339号02/01)(2018/06/01)


特集 国鉄闘争全国運動7・1全国集会へ
国鉄闘争全国運動7・1全国集会に結集を!

 国鉄闘争全国運動の呼びかけ人会議を4月下旬に開催しました。 7・1国鉄集会にむけて、5月28日申立ての労働委員会闘争の意義、解雇撤回・団交開催にむけた闘い、国鉄闘争を軸に改憲阻止へ決起することなどを論議しました。発言を紹介します。(編集は事務局) ●葉山岳夫さん(弁護士・動労千葉顧問弁護団長)  改憲攻撃と国鉄改革=国鉄分割・民営化が連動していることは明らかです。もう一つの狙いとして、それぞれの会社で一企業一組合を育てあげ、戦闘的な労働組合をつぶすことがあった。これが完全に
月刊『労働運動』34頁(0339号02/02)(2018/06/01)


特集 国鉄闘争全国運動7・1全国集会へ
7・1集会を成功させ、労働委員会闘争を労働運動として解雇撤回・改憲阻止へ!

(写真 5・11東京高裁前でシュプレヒコール)証人尋問拒否した不当訴訟指揮に裁判官忌避申立迫りくる大合理化攻撃と対決し外注化粉砕まで闘いぬこう! 5月11日、動労総連合・出向命令無効確認訴訟の控訴審第2回裁判が行われ、強制出向当該の組合員を先頭に、各支部組合員、支援の仲間が結集した。●プロパー退職は外注化の矛盾  裁判では、冒頭に意見陳述にたった動労水戸の石井委員長が、低賃金を理由にMTS(水戸鉄道サービス)プロパーが次々と退職している事実をあげ、「業務をJR本体からグループ
月刊『労働運動』34頁(0339号02/03)(2018/06/01)


特集 国鉄闘争全国運動7・1全国集会へ
※5・11出向無効確認訴訟

(写真 JR東日本への抗議行動) JRはただちに解雇を撤回しろ! 団交を拒否するな!  われわれはJR東日本に「1047名解雇撤回・団交開催」を求め、5月28日に千葉県労働委員会への申し立てを行うことを決定した。 ◆不当労働行為の責任JRにあり!  2015年6月、最高裁の上告棄却決定により、不採用基準の策定自体が不当労働行為であると認定した東京高裁判決が確定した。JR不採用=解雇が不当労働行為によるものだったと、法的に確定させたということだ。 不当労働行為と認定された不採
月刊『労働運動』34頁(0339号02/04)(2018/06/01)


特集 国鉄闘争全国運動7・1全国集会へ
※5・28千葉県労働委員会申し立て行動へ

★「働き方改革」法案の成立を阻止しよう!飯田 英貴(全国労組交流センター事務局長)労働者の闘いが切り開いた朝鮮情勢の歴史的地平 歴史が大きく動き出そうとしています。4月27日、南北首脳会談が開催され、「朝鮮半島の完全な非核化」「休戦状態にある朝鮮戦争の年内の終戦」などを盛り込んだ「板門店(パンムンジュム)宣言」が発表されました。韓国の労働運動のナショナルセンターである民主労総はただちに声明を発表し、「歴史的な宣言を積極的に支持して歓迎する」「(板門店宣言を)73年分断体制を終
月刊『労働運動』34頁(0339号02/05)(2018/06/01)


特集 国鉄闘争全国運動7・1全国集会へ
朝鮮情勢の激変下、安倍政権の改憲・労働法制改悪に立ち向かい、国鉄闘争を先頭に、今こそ職場から闘う労働組合を甦らせよう!

2018年4月 1日発行 第0337号

(写真 日比谷から銀座、常盤橋まで改憲阻止を訴える1200人のデモ隊) ★3・25集会を出発点に、改憲・戦争阻止!大行進運動を全国各地・各職場・産別からつくり出そう! すべての闘いの土台に改憲阻止をすえて運動を推進しよう! 田中 康宏(動労千葉委員長・全国労組交流センター代表) ■改憲阻止は戦後最大の階級決戦  東労組の崩壊で、JRの職場は民営化以来の大再編の渦中にあります。それがどのような意味を持っているのかを理解するためにも、改憲情勢から話した方がいいと思います。 3・
月刊『労働運動』34頁(0337号02/01)(2018/04/01)


特集 すべての闘いの土台に改憲阻止をすえて運動を推進しよう

★改憲・戦争阻止大行進運動を職場・産別・地域からつくり出そう! 9条改憲発議絶対反対! 朝鮮戦争とめよう! 3・25大行進inHIBIYA 1200人が結集! 自民党大会直撃! 銀座デモ! 改憲発議阻止へ3・25を出発点に全国に無数の大行進運動を!  3月25日、日比谷野外音楽堂で、西川重則さん(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局長)、根津公子さん(「日の丸・君が代」不起立被処分者)、花輪不二男さん(世田谷地区労顧問)、森川文人弁護士(憲法と人権の日弁連をめざす会)、
月刊『労働運動』34頁(0337号02/02)(2018/04/01)


特集 3・25大行進inHIBIYA

(写真 自民党大会を弾劾する品川駅での街宣行動)★改憲・戦争阻止大行進運動を職場・産別・地域からつくり出そう!3・25自民党大会直撃の弾劾行動に決起!川添 順一(とめよう戦争への道!百万人署名運動事務局員、「改憲・戦争阻止!大行進」事務局員) 「命をかけても改憲を阻止する!」「絶対に9条改憲発議をさせない!」。日比谷野音での3・25集会で動労千葉の田中委員長は、そのようにきっぱりと、激しく発言しました。改憲阻止決戦がどれほど重大な闘いなのかを、全力で訴えていると感じました。 
月刊『労働運動』34頁(0337号02/03)(2018/04/01)


特集 3・25自民党大会直撃の弾劾行動に決起!

(写真 青年労働者が登壇し熱くアピール) ★改憲・戦争阻止大行進運動を職場・産別・地域からつくり出そう! 3・25改憲阻止大行進運動の総括とこれからの課題 飯田 英貴(全国労組交流センター事務局長、「改憲・戦争阻止!大行進」事務局員)  3・25集会の総括、新たに始めた「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員会の性格と任務については、田中康宏代表運営委員が全面的に提起しています。 その上で、この「改憲・戦争阻止!大行進」運動は全国各地、あらゆる産別、職場における無数の実行委員会を
月刊『労働運動』34頁(0337号02/04)(2018/04/01)


3・25改憲阻止大行進運動の総括とこれからの課題

2018年2月 1日発行 第0335号

国鉄闘争5本柱を軸に、戦争・改憲、労働法制改悪と闘おう!※労働運動再生にむけて、解雇撤回の新たな労働委員会闘争、新たな全国的署名運動の展開へ! 2月11日、国鉄闘争全国運動は国鉄集会を開催します。全国各地でも国鉄集会が準備されています。多くの方の結集を訴えます。 国鉄分割・民営化による不当解雇から31年を迎えます。1987年2月16日、国鉄の分割・民営化に際して、動労千葉12人をはじめ全国で7628人の国鉄労働者に対して新会社への不採用=解雇が行われた日です。私たちは改めて解
月刊『労働運動』34頁(0335号02/01)(2018/02/01)


―2月国鉄集会へのアピール 国鉄闘争全国運動事務局

2・11 北海道国鉄集会  1月20日、寒風の中JR札幌駅で、"2・11北海道国鉄集会"と"国鉄1047名解雇撤回署名活動"の街宣活動を展開しました。街宣部隊は6人+子ども2人で、チラシを市民に配りました。飲食店に働く非正規社員が「私も時間外労働をしても賃金は未払いだ」と訴え、共に闘おうと共感しました。ハンドマイクによる訴えは青年を含め4人が交代で職場実態をふまえての発言を行いました。 午前中に、国鉄闘争全国運動北海道の「2・11北海道国鉄集会」の会議で、街宣用チラシを確認
月刊『労働運動』34頁(0335号02/02)(2018/02/01)


特集 2月国鉄集会へ!/全国各地の集会レポート 北海道、新潟、関西、九州

 2月国鉄集会にむけて、国鉄闘争国運動の呼びかけ人会議を開催しました。以下、呼びかけ人の発言を紹介します。 葉山 岳夫さん(弁護士)  2015年6月の最高裁決定は、被告の鉄建機構(鉄道運輸機構)の上告を棄却し、同時に「解雇を無効とし採用せよ」という動労千葉側の請求も棄却しました。しかし、地裁・白石判決、高裁・難波判決の「不採用基準の策定と適用は分割・民営化に反対する動労千葉などの組合員であることを理由とした不当労働行為である」については維持したのです。 高裁判決の難波裁判長
月刊『労働運動』34頁(0335号02/03)(2018/02/01)


特集 2月国鉄集会へ!
2月国鉄集会へ 解雇撤回とローカル線切り捨て反対の新たな闘いへ!

2018年1月 1日発行 第0334号

※職場闘争、改憲・戦争阻止、労働法制改悪阻止に向けて闘おう! 【1】取り巻く情勢と課題  昨年末から今年にかけても戦争の危機が現実になっています。日本が空対地ミサイルで敵基地を叩くための巡航ミサイルを配備するまでになり、それも合憲だと言っています。 さらに朝鮮戦争の危機に対して話し合いで収めようとすることに対して、日帝は反対するなど恐るべき現実が始まっています。それが改憲という現実を生み出しています。自民党は戦後自主憲法制定を掲げていましたが、今、政治日程にのせようとしてい
月刊『労働運動』34頁(0334号02/01)(2018/01/01)


2018年の年頭アピール
田中 康宏(全国労組交流センター代表・動労千葉委員長)
連合崩壊情勢下、職場から労働組合を作り直そう!

判決は、「働き方改革」と一体の政治的反動判決だ!  10月10日、動労総連合・強制出向無効確認訴訟の判決が出されました。外注化も偽装請負も強制出向もすべて容認する反動判決です。絶対に許すことは出来ません。 裁判内容は、私たちが会社を完全に圧倒しました。特に、大法廷で3日間にわたって行われた証人尋問では、会社側が何ひとつまともに反論できなくなるほど追い詰めました。しかし、判決文はまるで会社が好き勝手に書いたかのような内容です。 ◆就業規則で出向命令できる!?  出向命令というの
月刊『労働運動』34頁(0334号02/02)(2018/01/01)


★10・10出向無効確認訴訟判決を弾劾する 国鉄千葉動力車労働組合

 動労総連合は12月3日、千葉市・DC会館にて第32回定期全国大会を開催した。  新たに結成された動労総連合・北海道、青年部員とともに、第3の分割・民営化、改憲・戦争攻撃と対決して動労総連合の発展をめざして闘う方針を確立した。大会は、渡辺代議員(動労千葉)を議長に選出して議事が進められた。 戦争・改憲めぐる歴史の分岐点  冒頭、挨拶にたった田中康宏委員長は、北海道での単組結成や各単組が困難な中でも解雇撤回闘争などを闘い抜いて結集していることを確認し「一つひとつの組織をもっと
月刊『労働運動』34頁(0334号02/03)(2018/01/01)


動労総連合を全国へ!―動労総連合第32回定期全国大会
JR・グループ会社を貫く本格的な組織拡大を実現しよう!

呼びかけ人代表 小玉 忠憲(動労総連合1047協議会代表)  支援共闘は12月2日、会員・活動家50人余が結集して東京都内で第3回総会を開催し、愛媛県職労の連帯メッセージを受けて大成功を勝ち取りました。米・トランプと安倍政権による朝鮮核戦争が切迫し、非正規職労働者の3月大量雇い止め情勢の中で、福島をめぐる「生きるか死ぬかの攻防」が労働者の激突点として明確になっています。 動労水戸は11年3・11原発事故以来、被曝労働拒否の旗を真っ向から掲げて避難者の怒りと叫び、原発労働者の根
月刊『労働運動』34頁(0334号02/04)(2018/01/01)


12・2動労水戸支援共闘が第3回総会を開催

2017年12月 1日発行 第0333号

11・5全国労働者総決起集会に4800人が結集! トランプ来日弾劾! 日米戦争会談粉砕! 日韓米独の国際連帯集会 改憲阻止! 1万人大行進  11月5日、関西生コン支部、港合同、動労千葉、国鉄闘争全国運動の4団体の呼びかけによる11月労働者集会が、全国から闘う仲間4800人を結集して開催されました。今年の11月労働者集会は、3労組が「闘う労働運動の再生」を訴えて呼びかけてから20回目を迎えました。そして、トランプが来日し安倍との会談が行われる渦中での闘いとなりました。この日米
月刊『労働運動』34頁(0333号02/01)(2017/12/01)


11月労働者集会・改憲阻止1万人行動の報告