記事の最近のブログ記事

2019年5月 1日発行 第0350号

(写真 2018年7・1国鉄集会) 白井 徹哉(国鉄闘争全国運動事務局長) 6日9日、東京・上野公園野外ステージで、国鉄闘争全国運動の全国集会を開催します。2010年の最初の集会以来9回目の全国集会となります。国鉄1047名解雇撤回闘争を先頭に新自由主義と闘う労働運動再生を展望して、集会を成功させたいと考えています。 国鉄1047名闘争の発展を!  第一の課題は、国鉄1047名解雇撤回闘争の継続と発展をかちとることです。1047名闘争は、千葉県労働委員会と千葉地裁を舞台に力
月刊『労働運動』34頁(0350号02/01)(2019/05/01)


6・9国鉄闘争全国運動集会へ結集しよう!

(写真 4・12千葉県労働委員会前で抗議行動)「千葉県労働委員会の審理打ち切りは労働委員会規則違反」が明らかに!片峯 潤一(動労総連合書記) 4月12日、動労総連合1047名解雇撤回の千葉県労委審理拒否事件の第2回裁判が千葉地裁で行われました。この裁判は、国鉄分割・民営化の国家的不当労働行為の真実がすべて明らかになりながら、千葉県労委が審理を拒否して打ち切ったことに対する闘いです。「審理拒否は違法」を暴く 裁判では弁護団から重大な事実が突きつけられました。千葉県労委の村上公益
月刊『労働運動』34頁(0350号03/01)(2019/05/01)


4・12千葉県労働委員会審理拒否裁判(第2回)の報告

「改憲・戦争阻止!大行進」運動と「非正規だけの社会を作らせない」運動を2本柱に 田中 康宏(動労千葉委員長・全国労組交流センター代表) (写真 動労千葉結成40周年集会で挨拶する田中委員長) ◆JRで何が起きているのか  JRの職場で大変な攻撃が吹き荒れています。JR資本と首相官邸が一体となって、これまでの労働者支配のあり方を根底から転覆する攻撃です。それは単にJRにおける職場支配の転換というだけでなく、労働者の雇用や権利、労働条件についての戦後的な価値観を粉砕する総攻撃が始
月刊『労働運動』34頁(0350号04/01)(2019/05/01)


現代版の産業報国会化に対して、職場から階級的労働運動を甦らせよう!

4月7日千葉市内で動労千葉結成40周年を祝うレセプションが開催されました。動労千葉組合員、OB、来賓、支援者など200人が参加し、大盛況でした。●関道利副委員長、北嶋琢磨副委員長の司会のもと、開会のあいさつを繁澤敬一副委員長が行い、第一部が始まりました。 ※主催者あいさつ 田中康宏委員長  国鉄分割・民営化反対闘争をはじめとした動労千葉40年の闘いの道を、強固な団結で闘い抜いてきた組合員、OB会、家族会、そして共に歩んできた全ての人に感謝します。動労千葉は労働者として絶対譲
月刊『労働運動』34頁(0350号05/01)(2019/05/01)


動労千葉結成40周年レセプション
新たな出発にむけて

v
関西地区生コン支部への弾圧に反撃を!吉本 伸幸(鈴コン分会闘争支援・連帯共闘会議事務局長)まっとうな労働運動をしているから弾圧されることは誇りだ 「関西地区生コン支部への弾圧に反撃を!3・29春闘集会」が3月29日、東京・杉並区(西荻地域区民センター)で開かれました。年度末の金曜日夕方にもかかわらず多くの労働者260人が結集しました。 関西の生コン業界で企業をこえて、正規・非正規の労働者を組織する産業別労働組合である全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部は、2017年1
月刊『労働運動』34頁(0350号06/01)(2019/05/01)


3・29春闘集会に260人が結集!

(写真 株主総会前での当該の宣伝) 「AGC本社の責任で解雇を撤回し、希望者全員を職場に戻せ」と直接交渉を要求! 飯田 英貴(全国労組交流センター事務局長) 株主総会を直撃し、社長が争議の質問にも答える事態に!  3月25日から30日にかけて、韓国・金属労組亀尾(クミ)支部旭非正規職支会の仲間が第4次日本遠征闘争に立ち上がりました。今回来日したのはナムギウン首席副支会長、チャンミョンジュ調査統計部長、ソンドンジュ文化体育部長の3人です。私たち労組交流センターも、動労千葉と旭
月刊『労働運動』34頁(0350号07/01)(2019/05/01)


旭非正規職支会の第4次日本遠征闘争

(写真 集会で発言する村岡靖昭さん)村岡 靖昭(仙台市社会福祉協議会職員労働組合委員長) 作年3月末、仙台市社会福祉協議会の非正規職員29人が雇止め解雇されました。以来1年間、解雇撤回を求めて闘ってきた村岡靖昭さんからの報告です。 私の「雇い止め撤回判決を求める署名」を全国から3500筆以上寄せていただき、本当にありがとうございます。 仙台市社会福祉協議会職員労働組合(以下、社協労組)は結成以来、有期雇用制度撤廃を掲げており、労働契約法改正に伴う昨年の「5年雇い止め」を撤回す
月刊『労働運動』34頁(0350号08/01)(2019/05/01)


産別・戦線の闘い 第23回
自治体労働者の闘い
有期雇用制度の撤廃、雇止め解雇撤回のたたかい

林 善子(神戸市職労、改憲・戦争反対!闘う労働者の会) 自治体戦略2040構想に現場から反撃を!  昨年始まった神戸市の「ヤミ専従」キャンペーンは改憲、戦争のための組合潰しです。総務省の出した「自治体戦略2040構想」が現場で具体に進められる中でかけられている攻撃です。 市職労本部は「謝罪」し執行委員長以下5人が辞任。組合員に説明もなく大会は延期。自民党と維新によるチェックオフ(組合費給与天引)廃止条例の提案に対して組合員一人一人に同意を確認。同意しない場合は脱退の意向を書く
月刊『労働運動』34頁(0350号09/01)(2019/05/01)


関西のたたかいの中から!
「戦争・改憲のための労働組合つぶし反対」に1585票!

東京交通労組大会の報告東交労働者の怒りをオリンピック反対、民営化反対のストへ大木 勇次(東京交通労働組合) 3月14日、第91回東交定期大会が開催されました。東京労組交流センターの仲間が田町交通ビル(東交本部)の前でビラをまき、次々と受け取られていきました。東交の労働者にとって、オリンピックは重大な関心事になっています。 大会では年度期首からの欠員、バス運転手の賃金10%カットなどに対して、現場はオリンピックどころではないという怒りが示されました。 自動車部(バス)の代議員か
月刊『労働運動』34頁(0350号10/01)(2019/05/01)


産別・戦線の闘い 第24回

(写真 24時間ストライキに決起) 清水 彰二(群馬合同労組執行委員長) 群馬合同労組群馬バス分会は、3月16日に結成以来はじめての24時間ストに立ち上がった。同時に群馬合同労組は群馬春闘行動2019を一日行動として闘い抜いた。 群馬合同労組群馬バス分会の大幅賃上げ中心とした春闘要求に対して、群馬バスは団交を3月29日に指定してきた。年度最終日だ。ユニオンショップの私鉄総連群馬バス労組とは3月半ばに団体交渉を行っている。全く許しがたい不当労働行為。ストはこれに対する抗議と春
月刊『労働運動』34頁(0350号12/01)(2019/05/01)


闘う合同一般労組
全国バスのゼネストを切り開く群馬バス分会春闘ストライキ

投稿 東海合同労組の3つの分会で勝利! ●36協定書に関する労働者代表選で40票!  名古屋の宝交通に勤務する坂野分会長は、36協定書に関する労働者代表選で40票を獲得して当選。「タクシー乗務員は無理をして長時間労働をしている」と思うかのアンケート調査で、44人中24人(54・54%)が「そう思う」と回答。坂野分会長は、労働者代表として、長時間労働を強いられることなく乗務員の十分な生活ができる給与体系にせよとの意見書を提出し、異議を留保して36協定書に署名・押印をしました。3
月刊『労働運動』34頁(0350号16/01)(2019/05/01)


投稿、編集後記、マンガ

2019年4月 1日発行 第0349号

(写真 習志野運輸区前でスト突入を宣言する相馬正利支部長) 〝若い人たちに動労千葉の闘う姿を示すためのストだ〟  動労千葉は3月15~16日、JRダイヤ改定による乗務員勤務制度改悪の中止を求め、習志野運輸区で本線運転士がストライキに突入した。今回のダイ改でJR東日本は、泊まり勤務で津田沼―中野間を4往復させる長時間行路を設定した。 ◇16時 抗議行動  15日午後4時、習志野運輸区前で抗議行動が行われ、組合員や支援の仲間が結集した。ストライキに突入した相馬・津田沼支部長が、
月刊『労働運動』34頁(0349号04/01)(2019/04/01)


3・15~16ストライキ貫徹! 津田沼~中野4往復を解消しろ! 木更津支部で組織拡大!

(写真 ダイ改―長時間運転に抗議行動)石井 真一(動労水戸委員長) 動労水戸は、3月15日勝田運輸区前で座り込み、抗議行動を行った。今回のダイ改は、乗務員の実運転時間を30分以上延長するとんでもないものだ。介護、育児のために、短時間行路を作るとし、それ以外を従来の運転士に割り当て、19名の大合理化をするものだ。 勝田運輸区前に立て看板を立て、組合員と支援の仲間が結集した。勝田運輸区で働く国分、高野両副委員長がマイクを握り、「こんな長時間運転を強制すれば必ず事故が起きる、事故を
月刊『労働運動』34頁(0349号05/01)(2019/04/01)


JRダイ改―安全無視の長時間運転を許すな!

(写真 五日市駅前でスト突入集会)山田和広(動労西日本書記長)みどりの窓口廃止絶対反対!2・27五日市駅で第1波スト 組合員と支援者20人が集まり山陽本線五日市駅北口広場で集会を開いた。12時30分からストに突入した大江委員長は、2年間にわたる「始業時間前サービス労働撤廃」の職場闘争で、JR資本を徹底的に追いつめてきた地平と教訓を明らかにし、改憲・戦争と対決し労働組合がストで闘うことの意義をハッキリさせた。続いて、新川弁護士・広島連帯ユニオン・高陽第一診療所労組・婦人民主クラ
月刊『労働運動』34頁(0349号06/01)(2019/04/01)


第一波五日市駅、第二波奈良支所を拠点にストライキ!

(写真 郡山工場前でスト突入集会)橋本 光一(動労福島委員長) 3月15日正午から半日の指名ストライキに入りました。出勤時の門前ビラの時もストに入る前にもたくさんの同僚から「がんばれ」との声をかけてもらい心強く感じました。正午の時報と共に、所属長と総務科に出向きストに入る通告を行い、着替えの後、支社の勤労課数名が構える正門を出ると、既に福島、宮城、新潟、秋田から集まった仲間によるスト突入集会が始まっていました。 委員長あいさつで私は、場内に向かって訴えました。 「ストライキの
月刊『労働運動』34頁(0349号07/01)(2019/04/01)


外注化拡大反対、被曝労働反対! 3・15動労福島スト!

(写真 JP労組大会で組合員にビラまきする全逓労働者部会)全国労組交流センター全逓労働者部会■民営郵政の動向 郵政民営化12年、民営化は破綻しています。その中で、郵便事業切り捨てが行われています。土曜休配によって合理化・人員削減を行い、「郵便事業50、荷物(小包)50」へ経営シフトし、郵便事業を切り捨て、小荷物事業での収益1兆円を計画しているのです。 さらに、日本郵政は失敗した企業買収(日通ペリカン便買収、オーストラリアの物流企業トール社買収)にこりず、さらなる企業買収(内部
月刊『労働運動』34頁(0349号08/01)(2019/04/01)


19春闘で「配偶者手当50%削減」で妥結したJP労組中央を許さず職場から闘うぞ!

(写真 強風の中、郡山市に700人が結集し、集会とデモ) 福島はどんな分断攻撃にも負けない! 渡辺(運営委員) 8年目の3・11集会は強風雨の中、県内はもとより全国から700人が駆けつけてくれてとても感謝しています。 実行委員会メンバーが一丸となり会場設営から運営、撤収まで連携してやり抜きました。警察・右翼の妨害はあったけれど最後までデモ行進をやり抜き、成功だったと思います。 国・東電は県民の思いとかけ離れ、原発事故はなかったかのようにオリンピック競技の一部を福島市で開催し
月刊『労働運動』34頁(0349号09/01)(2019/04/01)


「福島は絶対負けない! なくそう!原発 とめよう!改憲・戦争」3・11反原発福島行動'19

(写真 3・16沖縄県民大会に1万人が結集) 柿本 博人(沖縄労働組合交流センター代表) 2月24日に行われた「辺野古基地建設のための埋め立ての賛否を問う県民投票」から21日後の3・16県民大会が那覇・新都心公園で1万人の大結集でかちとられた。この中で沖縄労組交流センター、沖縄大学学生自治会、うまんちゅの力で星野さんを取り戻す会は、「沖縄全島ゼネスト決起で辺野古阻止を」「無実の星野文昭さんを解放しよう」を全力で訴えた。3・16県民大会は、安倍政権が3月25日から新たな土砂投
月刊『労働運動』34頁(0349号11/01)(2019/04/01)


辺野古絶対反対43万人の歴史選択から怒りのゼネストへ!

(写真 2月8日自治体労働者学習会) 東京労組交流センター自治体労働者部会 昨年10月、特別区(東京23区)人事委員会が史上最悪の賃下げ勧告をし、特区連の労働者が決起して実施を阻止しました。 「2018年特区連人勧闘争とは何だったのか」の文章が、東京労組交流センター自治体労働者部会から寄せられました。 賃金問題学習会を開催  前代未聞の特別区人事委員会「月平均1万円の賃下げ勧告」に対し、「実施させない」という形で勝利を勝ち取った特区連賃金確定闘争でしたが、実は問題は何も解決
月刊『労働運動』34頁(0349号12/01)(2019/04/01)


産別・戦線の闘い 第22回
自治体労働者の闘い
2018年特区連人勧闘争とは何だったのか

(写真 2月8日自治体労働者学習会) 赤田 由行(大阪市職員労働組合) 吉村前大阪市長による「学力テストを教員の賃金に反映する」という動きは、教育民営化と労組・地域の団結破壊することを企図した重大な攻撃です。 大阪市では、あらゆる職場に民営化攻撃が吹き荒れてきました。その全てがうまくいかず矛盾を爆発させているにも関わらず、教育と水道の民営化に手を伸ばそうとしているのです。 ◆学校選択制と学力テストがアメリカの教育破壊の出発点  アメリカでは、学校選択制と学力テストが、公教育
月刊『労働運動』34頁(0349号14/01)(2019/04/01)


関西のたたかいの中から!
大阪市の教育民営化と労組破壊を許さない!

全国健康保険協会埼玉支部と「5年で雇止め」攻撃との闘い (写真 協会けんぽ埼玉支部入口でビラまき) 山本 敏昭 (東京西部ユニオン) 「5年で雇止め」、これが2008年に国の社会保険庁が民営化されて出来た特殊法人、全国健康保険協会(注)の非正規職員に起きている問題です。 発端は同協会埼玉支部の非正規職員Aさんが1年半という長期間、グループ長など管理職からパワハラを受け続けたことでした。Aさんはこれに我慢できず、一昨年11月と昨年5月の2度、東京西部ユニオンに相談に来て組合に加
月刊『労働運動』34頁(0349号17/01)(2019/04/01)


闘う合同一般労組
全国健康保険協会埼玉支部と「5年で雇止め」攻撃との闘い

映画の紹介 映画「共犯者たち」を観てきました 保育士 もときみきこ  杉並で頑張っている、ほらぐちともこさんの選挙応援のあと、映画館に足を運びました。 この映画を知ったのは、試写会にいった娘にすすめられたのがキッカケでした。 韓国のマスコミ労働者が、李明博政権、朴槿恵政権とたたかったドキュメンタリーの物語です。チラシには「なぜ韓国の人々は長期保守政権を終わらせることができたのか?」「日本のマスメディアが報じなかった隣国のジャーナリストたちの闘い」とあります。個人的感想は、「
月刊『労働運動』34頁(0349号20/01)(2019/04/01)


映画の紹介、編集後記、まんが

2019年3月18日発行 第0348号

改憲阻止―1047名解雇撤回の新たな闘いへ!  国鉄闘争全国運動の呼びかけで「国鉄分割・民営化による不当解雇から32年―2・10国鉄集会」が、市川市文化会館で620人の結集で開催された。 「団結権への正面攻撃」  開会あいさつを全国運動呼びかけ人の伊藤晃さんが行った。伊藤さんは、関西生コン支部への弾圧と動労総連合の不当労働行為申し立てに対する千葉県労働委員会の審査打ち切りは、「団結権への正面攻撃」であり、これと真っ向から闘うことは、改憲攻撃との闘いでもあると提起し、天皇即位
月刊『労働運動』34頁(0348号03/01)(2019/03/18)


国鉄分割・民営化による不当解雇から32年 2・10国鉄集会に620人が結集!

白井 徹哉(国鉄闘争全国運動事務局長)「国鉄改革の真実」をめぐる勝負 国鉄分割・民営化よる解雇から32年を前に、国鉄闘争全国運動の呼びかけで千葉県・市川市文化会館で2月10日国鉄集会を開催し、620人が結集しました。全国各地でも同様の集会が開催されました。 私たちは、ひときわ新たな決意で今回の国鉄集会を呼びかけました。32年の闘いは「国鉄改革の真実」をめぐり、もう一度、ここ一番の勝負に入るのです。 2015年最高裁決定によって、不採用基準の策定が不当労働行為であることを法的に
月刊『労働運動』34頁(0348号04/02)(2019/03/18)


※2月国鉄集会の総括

「改憲・戦争阻止!教え子を再び戦場に送らない!広島教職員100人声明」2・10集会が大成功 倉澤 憲司(広教組組合員) 2月10日広島市内で開催された「改憲・戦争阻止!教え子を再び戦場に送らない!広島教職員100人声明」集会は大成功でした! 勤務評定闘争に実際参加されていた大先輩から、「先生」という権力者に疑問をもったり、「先生」の応援を受けながら差別と具体的に闘ってきた学生さんまで、そして、この超多忙で家族の介護などたいへんな中、15人の教育労働者が参加、同様に多忙だった
月刊『労働運動』34頁(0348号05/01)(2019/03/18)


「改憲・戦争阻止!教え子を再び戦場に送らない!広島教職員100人声明」集会