2017年2月 1日発行 第0323号

(表紙の写真は、1月7日、組合員、家族、支援者をまじえて盛大に行われた動労千葉の旗開き) ◎甦る労働組合 労働者としての誇りを持ち続ける!― 2月国鉄集会を成功させよう 〔特集〕不当解雇から30年、第2の国鉄分割・民営化粉砕、2月集会へ! 東京都丸ごと民営化を許すな! 労働組合の闘いで小池打倒へ!不当解雇から30年! 第2の分割・民営化粉砕! 2・12東京集会はじめ2月国鉄集会への結集をよびかけます! 白井 徹哉(国鉄闘争全国運動事務局長) もうたくさん! 民営化と競争原理
月刊『労働運動』34頁(0323号00/01)(2017/02/01)


月刊労働運動 2017年2月号 目次

中村 仁 (全国労組交流センター常任運営委員、動労千葉争議団)  今から30年前の1987年2月、動労千葉12名にはJRへの採用通知が来ませんでした。4月1日、国鉄がJRに民営化されるのと同じく、人材活用センターが清算事業団になり、国鉄改革法により再就職を目指す清算事業団職員として佐倉、鴨川の事業所で過ごし、3年後の90年4月1日には、清算事業団をも解雇されました。 12名は、自分の力で新たな仕事につき、今も解雇撤回を闘い続けています。その原動力は、JRの職場で動労千葉の旗
月刊『労働運動』34頁(0323号01/01)(2017/02/01)

甦る労働組合
労働者としての誇りを持ち続ける!― 2月国鉄集会を成功させよう ―

2・12東京集会はじめ2月国鉄集会への結集をよびかけます! 白井 徹哉(国鉄闘争全国運動事務局長)  国鉄分割・民営化による不当解雇から30年を前にした2月12日、東京・すみだ産業会館で国鉄1047名解雇撤回の集会を開催します。全国各地でも国鉄集会が開催されます。 これまで国鉄闘争を支援してきたあらゆる人びと、国鉄分割・民営化以後に生まれた青年労働者、そして労働運動に期待を寄せるすべての労働者の結集を呼びかけるものです。 国鉄分割・民営化は、戦後最大の労働運動解体の攻撃でした
月刊『労働運動』34頁(0323号02/01)(2017/02/01)


2月国鉄集会へのアピール
不当解雇から30年! 第2の分割・民営化粉砕!

(写真 11・12民主労総大会で演壇に登った田中委員長)  国鉄分割・民営化から30年を迎える2017年2月、全国で国鉄集会が開催されます。昨年12月に国鉄闘争全国運動の呼びかけ人会議が開催されました。そこでの論議を編集委員会の責任で掲載します。不当解雇から30年、第二の国鉄分割・民営化との闘いは、社会丸ごとの民営化、安倍の「働き方改革」をめぐる最前線の攻防です。「民営化は悪」という世論を作りだし、韓国に続くゼネストへ決起しよう。 ●田中康宏委員長   2016年は国鉄闘争
月刊『労働運動』34頁(0323号03/01)(2017/02/01)


国鉄闘争全国運動呼びかけ人会議から
もうたくさん!民営化と競争原理をやめろ!
不当解雇から30年! 2月国鉄集会へ!

★強制出向3年目を前に「JRに戻せ」とすとらいき!(2016年9月、10月) (写真 ★出向無効確認訴訟にむけた東京地裁前行動【2016年10月】) (写真 動労千葉 幕張車両センターのスト ) (写真 動労水戸 勝田両センターのスト) (写真 動労連帯高崎 籠原派出所のスト)  1月13日、第18回動労総連合・出向命令無効確認訴訟で第3回証人尋問が行われた。今回を含めて3度の証人尋問における裁判闘争では、すべて大法廷を埋め尽くして闘い抜いた。組合側は田中康宏委員長、JR側は
月刊『労働運動』34頁(0323号04/01)(2017/02/01)


第18回出向無効確認訴訟ー証人尋問 第3回
JR証言「一人で清掃・検修・運転をやらせ、人員を減らせば利益があがる」

 西納 岳史(動労水戸書記) 組合結成30年の節目となった2016年から年が明け、新たな「1年目」を踏み出す思いで迎えた動労水戸第35回定期大会は1月15日に開催されました。国鉄分割・民営化から30年を経て、JRが狙う「第2の分割・民営化」と真っ向から対決する路線と方針を打ち固める大会となりました。 大会会場として今年は組合員とその家族が団結と共同性を育んできた水戸市・千波社宅集会場を選び、さらに今回は昨年の訪独で交流を深めたドイツ機関士労組(GDL)ベルリン都市鉄道支部長
月刊『労働運動』34頁(0323号05/01)(2017/02/01)


激動の2017年決戦へ!
団結の強化・拡大と国際連帯をかちとった動労水戸第35回定期大会

 動労総連合・新潟と新潟地域一般労組は、死者5人・重軽傷者33人の犠牲者を出した羽越線特急いなほ転覆脱線事故から11年目の12月25日、JR新潟支社前でJR東日本弾劾行動をやりました。 民営化がまた青年の命を奪った! 人間を殺して生き延びるJR  JR東日本はこの日、事故現場の山形県庄内町で慰霊式を行い、社長・冨田は「グループ一丸となり、安全レベルのさらなる向上をめざす」と言い放ち、外注化、分社化・転籍を進めることを居直りました。 JR新潟支社前では、組合員が次々とマイクを
月刊『労働運動』34頁(0323号06/01)(2017/02/01)


12・25羽越線事故から11年、JR弾劾行動
動労総連合・新潟

線路が途中で続かない?!  「線路は続くよ、どこまでも」。小さい時に口にし、みんなで歌ったこともあると思います。いまJRは、「線路は無くすよ地方から」と、毎年3月のダイヤ改正で列車の廃止や削減を行っています。 駅を中心に地域社会が築かれ、通勤や通学の足が確保されて、そこにさまざまな文化が花開き、社会生活が成り立っています。 それは地方や地域には必要ないものなのでしょうか? 鉄道という生活手段を簡単に取り上げられるなんて、「どうしてくれるんだよ」と思いませんか? 儲からない路線
月刊『労働運動』34頁(0323号07/01)(2017/02/01)


またも館山から列車をなくすJR
昼間帯は千葉駅に1本の列車でいけない!

 JRは常磐線・北千住駅南口改札を終日無人とする計画を進めています。すでに工事が始まり、3月には実施するとしています。北千住駅は、JR東日本の一日平均の乗車人員ランキングでも10位(20万9994人、2015年度)に入る大規模駅です(9位は秋葉原駅、上野駅は13位で約18万人)。私鉄も多く乗り入れる北千住のような大規模ターミナル駅改札の終日無人化というのは極めて異例の事態です。 ■ホームで事故が相次ぐ  こうした中、1月14日午前7時過ぎ、JR京浜東北線蕨駅で盲導犬を連れた
月刊『労働運動』34頁(0323号08/01)(2017/02/01)


JRで重大事故が続発
北千住駅南口改札 終日無人化反対

「学校事務の共同実施」は教育の民営化、東京都丸ごと民営化攻撃だ!谷井 正人さん(東京都公立学校事務職員組合) ○職場のことを話して下さい。 ●谷井 東京都には1974年に就職し、42年経っています。今は一本化されていますが、当時は一般事務と学校事務の採用は分かれていました。私は学校には夏休みもあると思い、学校事務を選択しました。 最初は養護学校で、それからいくつかの都立高校に勤務しました。その後、区立の小中学校に勤務し、今は再任用で週4日勤務で小学校で働いています。 今、都
月刊『労働運動』34頁(0323号09/01)(2017/02/01)

no-koike.jpg
東京都丸ごと民営化を許すな! 労働組合の闘いで小池打倒へ! 第1回
学校事務の共同実施反対の闘い

※利権と民営化 労働運動解体と治安弾圧  東京オリンピックまであと3年となった。労働者にとってオリンピックなど粉砕の対象だ。 2020年オリンピックは第一に、ゼロ成長のまま展望も描けない日本経済に息継ぎを与えるためのカンフル剤、税金を湯水のように使って資本家ブルジョアジーにぼろ儲けのチャンスを与えるための巨大プロジェクトである。後には借金とカジノ以外何も残らない。IoT(物のインターネット)やAI(人口知能)などを軸に「第4次産業革命」を一気に開花させるなどと宣伝しているが、
月刊『労働運動』34頁(0323号10/01)(2017/02/01)


時代を解く 第★回 
2020年オリンピック 丸ごと粉砕の対象だ!

 昨年12月2日の国家戦略特区第14回区域会議において、小池百合子都知事は「公務員の勤務時間について、1年単位の変形労働時間制導入、フレックスタイムを『週』単位で運用など、より柔軟な働き方を実現する制度を整備」することを提案した。このような重大な問題は、都の職員の労働組合の連合体である都労連との交渉事項である。それにもかかわらず小池は、都労連に提案することなく頭ごしに特区の会議に提案した。 一般職の地方公務員、地方公営企業の職員(地方公共団体が経営する交通、電気、ガス、水道な
月刊『労働運動』34頁(0323号11/01)(2017/02/01)

労働組合運動の基礎知識 第28回
国家戦略特区を使った都の労働者に対する1年の変形労働時間制攻撃

職場での地道な闘いで、資本との力関係が一変してきた 吉本 伸幸(鈴木コンクリート工業分会書記長)  2017年、ゼネストから革命へ向けた新しい年が幕を明けました。 韓国から始まった闘う労働組合を中心とした200万労働者人民の決起とパククネ大統領打倒の闘いが、革命の炎として音を立てて燃え上がり続けています。新自由主義が崩壊し、帝国主義世界が破綻を始めました。労働者の社会を労働者自ら取り戻す闘いが、全世界で始まりました。 戦争か革命かをかけた労働者の闘いが本格的に始まり、労働者
月刊『労働運動』34頁(0323号12/01)(2017/02/01)


闘う合同一般労組
2017年は職場から闘う労働組合を甦らせる決戦の年!
※鈴木コンクリート工業分会※

(写真 2016年3・8国際婦人デー闘争) 大谷 京子(東京北部労組交流センター女性部) ★2017年は歴史的な年  昨年からの韓国情勢、トランプ米大統領の就任と反対デモの爆発......資本主義のかつてない危機を背景に、階級対階級の激突が、「戦争か革命か」の決着をつけるまで待ったなしの情勢になりました。時あたかも「ロシア革命から100年」―スターリン主義の裏切りにより、世界大戦という労働者階級の犠牲をもって生き延びさせてしまった資本主義を、今度こそ倒すビッグチャンスが到来
月刊『労働運動』34頁(0323号13/01)(2017/02/01)

ひめじょおん――女性部から
安倍・小池打倒の先頭に女性が立とう!
画期的な3・8国際婦人デー集会を!

(写真 1月21日、35万にが集まった光化門ロウソク集会)  1月7日に行われた第11次汎国民ロウソク集会は、ソウル光化門(クアンファムン)集会に約60万名が結集し、釜山(プサン)、光州(クァンジュ)、大邱(テグ)、大田(テジョン)などで計4万5千人が参加した。集会後には青瓦台(チョンワデ)と憲法裁判所に向かってデモ行進をした。集会の過程で曹渓宗のチョンウォン僧がパククネ即刻辞退を叫んで焼身自殺をした。 1月14日第12次汎国民ロウソク集会が行われ、光化門に10万名以上が集
月刊『労働運動』34頁(0323号14/01)(2017/02/01)

Workers of the world Unite
労働者は一つ、敵も一つ ◆№19
厳寒の中、大規模ロウソク集会が続く

★大阪府八尾市の住宅追い出しを許さない!  錦織 進(全国水平同盟)  八尾市は、説明責任を放棄し、今年4月から市営住宅の民営化、指定管理者制度を導入しようとしてきました。断じて許すことはできません。 私たちは、八尾北医療センター労組を軸に、八尾北命と健康を守る会、関西合同労組大阪東部支部の仲間と共に、住民の怒りの先頭に起ち、昨年10月12日、12月14日の2回、田中八尾市長への抗議申し入れを行いました。この闘いは、田中市長に、2017年1月11日付の回答書において、「住民
月刊『労働運動』34頁(0323号15/01)(2017/02/01)

地平線
「指定管理者てなんや」「私らの住宅について勝手に決めるな!」

北海道集会日時: 2月12日(日)13時~場所: 札幌市教育文化会館研修室402 新潟集会日時: 2月12日(日)13時30分場所: 新潟市中央区関屋地区公民館 中四国集会日時: 2月12日(日)14時~場所: 岡山国際交流センター地下1階 関西集会日時: 2月13日(日)18時30分~場所: 港区民センター 九州集会日時: 2月12日(日)13時30分~場所: えーるピア久留米 =*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*=*=*==*
月刊『労働運動』34頁(0323号16/01)(2017/02/01)


全国各地の2月国鉄集会のご案内

新共謀罪国会提出阻止へ街宣 1・19東京1月19日、現代の治安維持法と闘う会が呼びかける新共謀罪国会提出阻止の昼休み街宣が東京地裁前で行われた。公安警察の全学連大会襲撃に対し告訴・国賠で闘う全学連、星野文昭さんをとり戻そう!全国再審連絡会議、杉並救援会などとともに、極悪の団結禁止法=共謀罪の成立を絶対に阻もうと霞が関を往来する人びとに訴えた。 全米で反トランプデモに数百万 1・20アメリカ1月20日のトランプ米大統領就任式は出席者も少なく、かつてなく低調なものとなった。 他
月刊『労働運動』34頁(0323号17/01)(2017/02/01)


PhotoDocument 2017年1月

2017年1月 1日発行 第0322号

月刊労働運動 2017年1月号 目次 (写真 12月10日原ノ町運輸区前で、「JR常磐線全線開通絶対反対、被曝と帰還の強制許すな」と動労水戸を先頭に闘った!) ◎甦る労働組合 民主労総に続く日本におけるゼネストに向けて国鉄・都労連決戦を闘おう!2017年決戦へのアピール 動労千葉・水戸を基軸にした動労総連合全国建設推進を水路にゼネスト実現に進撃しよう! 辻川 慎一(全国労組交流センター代表・動労水戸副委員長)〔特集〕第2の国鉄分割・民営化粉砕! 動労総連合大会報告 12・10
月刊『労働運動』34頁(0322号00/01)(2017/01/01)


月刊労働運動 2017年1月号 目次

星野 勝紀 (全国労組交流センター常任運営委員、全逓労働者部会)  11月国際共同行動は歴史的な大成功を勝ち取った。韓国のパククネ打倒の100万を超える民衆総決起は、鉄道労組の闘いを先頭に民主労総のゼネストが切り開いた革命情勢である。そして、03年以来の日・韓・米の国際連帯の闘いが切り開いたプロレタリア世界革命を準備する新たなインターナショナルの始まりである。 韓国・鉄道労組のストライキを先頭に民主労総の闘いがつくりだしてきた民営化絶対反対の闘いが、民衆の根底的怒りと結びつ
月刊『労働運動』34頁(0322号01/01)(2017/01/01)

甦る労働組合
民主労総に続く日本におけるゼネストに向けて国鉄・都労連決戦を闘おう!

辻川 慎一(全国労組交流センター代表・動労水戸副委員長)  私たちは、かつてない歴史的転換の時代を迎えている。そしてこの時代を、国鉄闘争を基軸とした階級的労働運動の推進と労働者階級の党建設によって主体的に引き寄せている。時代と情勢は、自らの存在と主体的闘いによって真につかみ取ることができる。 米帝トランプは、アメリカの1%の富裕層の代表と超タカ派の軍人によるむき出しの独裁政権としてその陣容を固めている。米帝に「生産力を回復する」ことなどできない。圧倒的優位にあった軍事力も、
月刊『労働運動』34頁(0322号02/01)(2017/01/01)


2017年決戦へのアピール
動労千葉・水戸を基軸にした動労総連合全国建設推進を水路にゼネスト実現に進撃しよう!

 動労総連合は、12月11日~12日、千葉市・DC会館において第31回定期全国大会を開催した。結成30年を迎える中、九州、北陸、東京で新たに結成された単組の仲間を迎えて開催された。そして、激変するJR情勢と文字通りの第2の分割・民営化攻撃と対決し、本格的組織拡大の実現へ全力で闘う方針を確立した。(以下、討議の抜粋、敬称略 文責・編集部) ★石井真一副委員長の冒頭挨拶青年中心の動労総連合へ 去年の大会に比べてもすごい熱気で重大な大会になろうとしている予感がします。動労総連合も
月刊『労働運動』34頁(0322号03/01)(2017/01/01)


動労総連合第31回定期大会報告
第2の分割・民営化粉砕! 結成30年 動労総連合の新たな発展を!

(写真 12・10常磐線開通阻止いわき駅前行動) 石井 真一(動労水戸委員長)  12月10日、JR東日本は、常磐線・相馬駅~浜吉田間を開通させ、小高駅から仙台駅まで開通させました。この攻撃は、安倍首相が言う「2020年東京オリンピックまでに全線開通させる」ことで、常磐線を福島第一原発のすぐ脇まで通過させ、福島県民と労働者に全面的な被曝を強制する大攻撃です。 動労水戸は12月9日前夜に仙台に乗り込み、朝8時からの仙台支社前抗議行動に備えました。仙台に向かう途中、常磐線が現在
月刊『労働運動』34頁(0322号04/01)(2017/01/01)


12・10常磐線全線開通に断固反対する抗議行動
仙台~原ノ町~いわきで抗議行動

(写真 12・10仙台支社前抗議行動) 橋本 光一(動労福島委員長) ※JR仙台支社前抗議行動  12月10日午前8時、気温6度、仙台駅から南に700メートルのJR仙台支社前には、夜明け前に出発し駆けつけた仲間、前日から泊まり込みの仲間をはじめ、50人が結集しました。土曜日の朝にもかかわらず多くの人通りがあり、その中に林立する真っ赤な組合旗とノボリはひときわ目立っています。正面扉は閉ざされているものの、支社内のJR労働者や市民に対しての訴えが始まりました。 解雇撤回・JR復
月刊『労働運動』34頁(0322号04/02)(2017/01/01)


12・10常磐線全線開通に断固反対する抗議行動
被曝労働強制、帰還強制反対を仙台で闘った!

(写真 12・10JR東日本本社前抗議行動) 動労東京 動労東京は、動労水戸、動労福島の闘いに連帯し、JR東日本本社(新宿)への抗議行動と街頭宣伝活動を呼びかけて闘いました。 私たちは2016年6月に動労東京を結成し、組合の重要な路線に「国鉄1047名解雇撤回」と並んで「被曝労働拒否」を据えて闘ってきました。そこには、2011年3・11以降、福島の怒りと向き合い闘ってきた動労水戸のストライキがあります。12・10闘争は、鉄道労働者の誇りと労働組合の責任において、すべての運転
月刊『労働運動』34頁(0322号04/03)(2017/01/01)


12・10常磐線全線開通に断固反対する抗議行動
JR東日本本社(新宿)抗議行動に決起!